村松和子はノンフィクションで取り上げられる前から、一部では有名な警察官だ。

 

その波乱万丈なる人生は結婚した旦那を亡くして、子供にある悲劇が起きていたことに起因する。

 

また彼女は腹話術などを手掛ける作詞作曲が出来る警察官としても知られていたという・・・。

 

Sponsored Link

村松和子について

村松和子は山梨県の南甲府警察署の【交通課交通規制係】に勤めている55歳の警部補である。

 

実はシングルマザーであり、警察官でありながら腹話術も出来て、作詞作曲の才能も開花させていることで知られている。

 

具体的な経歴は明かされていないものの、もしかすると音大や学生時代から音楽に精通する趣味などをしていたのだろう。

 

作詞作曲などは、音楽が好きでなければ修得するには難しい能力であるからだ。

 

警部補という職業に就きながら、芸術家の類に属するスキルと、ベテランの腹話術師ということでエンターテイナーの才能もある異色の警察官であるのだ。

 

YouTubeなどにも村松和子が作詞作曲した楽曲があるので、興味を持たれた方は検索してみることをお勧めする。

 

非常に児童などに分かりやすい内容になっているのだ。

 

村松和子は結婚した旦那と死別し子供の悲劇を抱えるシングルマザー

村松和子はかつて結婚し旦那がいたものの24年前に交通事故で死別しているのだ。

 

子供を抱えた状態で自身は警察官として働いているものの、これは相当に負担がかかりショックなものであったろう。

 

そして、それに加えて長男の息子が脳出血を患ってしまったというのだから、その過酷さは計り知れない。

 

ノンフィクションではこの村松和子の波乱万丈な人生を紐解きながら、現在、起きた子供を育てる母親の試練に密着する様だ。

 

シングルマザーとして、警察官として、一人の人間としてあらゆる役を体一つでこなさなければならないというのは、非常に辛い人生を送っていると感じる。

 

だが、その人間力は確実に上昇させており、村松和子の強い核を形成しているのだろう。

 

おわりに

村松和子という女性警察官にスポットをあてた今回のテレビ番組・ノンフィクション。

 

山梨県の女性警察官にスポットを当てた企画内容だが、非常に興味深いところだ。

 

女性芸能人と違い、女性有名人とも違う、女性公務員にスポットを当てたものは、非常に興味深いといえる。

 

そして、並みいる有名人の波乱万丈な人生に匹敵する、我々の身近な警察官である村松和子の人生を垣間見れることは、全く関係のない我々にも何かの人生を生きるヒントが隠されているのかも知れない。

 

Sponsored Link