村木洋という男が逮捕された。

 

中学3年生の女子を自宅に連れ込んでいたということで、誘拐の容疑で御用となったわけだ。

 

12日間の中で果たして何が起きていたのだろうか?

 

そして村木洋の顔写真画像やFacebookの有無についても見ていこう。

 

Sponsored Link

村木洋が逮捕された概要など

事件を報道したのはテレビニュースから。

村木洋容疑者(47)は今月2日、東京・千代田区のゲームセンターで、中学3年の14歳の少女に対し「うちに来てもいいよ。

一緒にいればゲーム代とかはおごるよ」などと声を掛けて13日までの12日間、自宅に住まわせるなどした疑いが持たれています。

警視庁が少女の関係先の防犯カメラを解析するなどしたところ、13日夜、村木容疑者の自宅で一緒にいるところを発見したということです。

取り調べに対し、村木容疑者は「家に入れたことはあるが誘拐したつもりはない」と容疑を否認しています。

少女にけがなどはなく、警視庁は誘拐された経緯を調べています。

引用:テレビ朝日ニュースより

非常に奇妙な話ではあるが、続いては村木洋の顔写真画像やFacebookの存在があるかを見ていこう。

 

村木洋の顔写真画像やFacebookについて

村木洋の顔写真画像はテレビによって大々的に報道されている。

 

だが、Facebookページなどは同姓同名のユーザーはいるものの、該当するページは確認は出来ない。

 

47歳で無職ということだが、その長髪が非常に特徴的であると言えよう。

 

果たして女子中学生を誘拐した動機や背景などには何があったのだろうか?

村木洋と中学生の12日間の間には何が?!

村木洋は新宿区内の集合住宅で一人で暮らしており、無職。

 

どうやって収入を得て生活をしていたのかが、気になるところだが、以前は働いておりたまたま無職であったということか?

 

誘拐となっているものの、それが例えば生活を苦にして身代金を要求するなどといって計画的な犯行の様にも見えない。

 

と、なるとやはり若い女子の身体を目当てで、自宅に連れ込んだ可能性が一番、高いわけだ。

 

しかし、女子中学生に怪我はないということで、その点も薄い。

 

そもそも親子ほど歳が離れているわけで、少々、常軌を逸している行為であるわけだが・・・。

 

可能性としてもう一つ、考えられるのが女子中学生が家出娘であった可能性である。

 

14歳の子供を家に連れ込んでいたということで、例えそれが合意の形であっても、自宅を提供した方は様々な疑いがかけられるわけだ。

 

更には別の報道では中学生は外出中に親とはぐれてしまったという情報もある。

 

実際に背景の状況を示す情報が薄いために、全ては憶測の域を出ないわけだが・・・。

 

おわりに

村木洋の顔写真画像とFacebookの有無について紐解いてみたが、奇妙な事件である。

 

何にせよ少女が無事に保護されたことは幸いであるが、実際に何があったかというのは、非常にデリケートな問題に繋がるので、今後は語られることはないだろう。

 

しかし、やはり被害者が子供であるということで、報道も村木洋の顔を公開することに躊躇はない。

 

子供に対する犯罪は、例え合意の形や軽い罪であったとしても、厳しく罰せられるということを表しているといえる。

 

Sponsored Link