村治佳織は日本が誇る世界的な
クラシックギタリストであるが、長年、病気で休養していた。

 

非常に珍しい病気を患っており、それは舌腫瘍である。

 

その原因としてタバコが挙げられているが、
そもそも村治佳織は喫煙者なのかどうかに迫ってみよう。

 

Sponsored Link

村治佳織について


【名前】 村治佳織(むらじかおり)

【生年月日】 1978年4月14日

【星座】 おうし座

【年齢】 39歳

【出身地】 東京都台東区

【血液型】 A型

【学歴】 エコールノルマル音楽院

【所属】 村治事務所

【デビュー】 1993年

 

村治佳織は3歳の頃から、父によりギターの教育を受け、
10歳から福田進一を師として、頭角を現した。

 

中学生の頃から数多くのコンクールの最優秀賞を総なめにし、
16歳の頃には既にクラシックギタリストとしてデビューを果たした。

 

活動の場をヨーロッパに移して、
イタリアでデビューを飾り、フランスに留学をした。

 

1999年にはテレビ番組【情熱大陸】に登場し、
留学先のエコールノルマル音楽院を卒業と同時に帰国。

 

その後は日本、ドイツ、スペイン、韓国などの
各国で積極的に活動し、国際的ギタリストとして活躍している。

 

村治佳織の病気は舌腫瘍・・・

村治佳織は2011年11月に右手の神経麻痺を患い、
一時活動を休止したものの3か月後には復帰。

 

だが、2013年7月には舌腫瘍を
患っていることを公表して、治療の為に長期活動停止を再び発表。

 

舌腫瘍は、腫瘍というからには
良性と悪性の二種類があり、悪性ならば舌がんとなる。

 

村治佳織の舌腫瘍は現在、復帰していることから、
おそらくは良性のものであったと思われる。

 

基本的な治療方法としては切除手術であり、
早期発見であれば患部を切り取り、
ものの1か月程度で社会復帰が可能である。

 

他の臓器に発症する腫瘍やがんとは違って、
治療の選択肢も多いことが特徴である。

 

村治佳織の舌腫瘍は
果たして何が原因であったのだろうか?

 

村治佳織の舌腫瘍はタバコが原因だったのか?

村治佳織は喫煙者であったと言われている。

 

舌腫瘍にかかったのも、
タバコが原因ではないかと一部では囁かれているものの、
実は腫瘍に関してタバコが原因であるという
根拠は殆どないという意見もある。

 

そもそもタバコが原因であるならば、
世の中の多くの人間が舌腫瘍を患うことが増えるわけであり、
そうなれば国民病となっているはず。

 

が、舌腫瘍は極めて珍しい
病気であることからも、タバコが原因とは一概に言い難い。

 

そもそも、舌腫瘍の原因として最も挙げられるものは、
ストレスや寝不足などの充分な休養がとられていない場合に起こるとされている。

 

だが、村治佳織は舌腫瘍を患ってからは、
タバコをやめたようであり、現在は舌腫瘍を克服しているのだ。

 

当然、タバコは吸わないに越したことはない嗜好品であるが、
がん等の病気に何でもかんでもタバコを結び付ける風潮は、
非常にいただけないことであるといえる。

 

おわりに

村治佳織は2014年9月に舌腫瘍による
長期活動停止から復帰し、現在は完全復活を
遂げて世界を股にかけて活躍している。

 

また、結婚もその時にはしており、
今後も華麗な演奏と美貌を見せつけてくれることだろう。

 

しかし、タバコを吸う喫煙者であったというのが、
非常に意外であったのは言うまでもない。

 

Sponsored Link