森泉はDIYの達人であり、
都内の一等地の場所にに建てられていた
古家をリフォームするということで話題になっている。

 

だが、現在、森泉のDIYの家周辺が
ご近所トラブルに発展しそうなほどの問題に直面しているのだ。

 

ここでは問題の森泉のDIYの
家の場所や、問題などを紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

森泉のDIYの家とは?

森泉は日本テレビの人気番組【幸せ!ボンビーガール】の
コーナーで放送されている”泉お嬢様の空き家再生大臣”で、
兼ねてから趣味であるDIYを駆使しての自宅のリフォームを公開。

 

その家は森泉が4000万円の自費で、
都内の築52年の空き家を購入した家である。

 

しかし、ここで非常に問題となっているのが、
建築基準法に違反しているのでは?と、いう疑問である。

 

建築基準法第43条1項において、
敷地は原則として幅4mの道路に2m以上で接しなければならない
と、いう接道義務がある。

 

道路に接する間口が最低でも2mは
空けないと防災上危険であるが故に、再建築は認められないというものだ。

 

森泉はこの問題を回避する為に、
再建築ではなく大規模リフォームということで、
DIYを敢行しているのだ。

 

森泉の家は近所の住宅が一画に10軒並ぶ場所の
丁度、中央に建てられた家であり、四方は
他人の家に囲まれているという状態なのだ。

 

森泉のDIYの家の場所

そんな森泉のDIYをしている家の場所であるが、
放送内では新宿区にあるということが分かるものの、
詳しい住所などは明かされていない。

 

しかし、番組内で放送されて明かされた
少ない情報から、ネット上の有志達がほぼ場所を特定している。

 

それは大江戸線の若松河田駅から
程近い徒歩4分の土地にある古家が密集した
寺院が立てられている住宅地であるという。

 

おそらくは距離的にこの寺院は
【八兵衛稲荷神社】である可能性が高い。

 

彼の地におりたち、周囲を
くまなく散歩がてら歩けば、すぐに分かるはずだ。

 

何故ならば、それを示すある特徴が
誰にでも分かる形で判別可能であるからだ。

 

そして、森泉のDIYの家の問題の
2つ目である懸念が生じている問題が露見している。

 

森泉のDIYの家の場所周辺は動物園…

森泉のDIYが有名になった以前の家の周辺は、
まるで豚を飼育している動物園の様な
臭いが立ち込めていたという。

 

それは2017年夏ごろから目立つようになり、
問題の家が建てられた場所周辺は、
町内会で話題になっているほど酷いものであるというのだ。

 

森泉はDIYの最中も、自慢のペット30匹以上を
家に住まわせており、雨が降った後などは一段と
強烈な動物臭が立ち込めるのだという。

 

しかし、その家は現在、都市再開発地域になった為に
立ち退かなければならないので、例の新宿のDIYリフォーム中の
家に引っ越す予定であるようだ。

 

だが、問題の新宿の家は住宅が密集している状態であり、
例えDIYにて万全のリフォームを終えたとしても、
30匹のペットも引っ越しさせるというと、
同じ様な悪臭による近所トラブルが
起こることは必至であるといえる。

 

某女性週刊誌がこの疑問を森泉にぶつけると

新しい家の方が大きいんですよ。

庭もあるし。 ちゃんとした中庭もできますし、そこに豚ちゃんとかがいたら周りも気にしなくっていいですし。

そういう意味ではそれを含めて考えているので。 応援してくださいよ。

また違法建築に
触れているのではないかという疑問についても

そこは気をつけて。 一緒にやってるスタッフさんもいつも頭を抱えているんですけど、テレビが入らなかったら簡単なことなのに、こんなに大変になっちゃうんだと言っていて。

区の法律も厳しいんですよ。 (中略) そこはちゃんとやりたいなと思っています。

楽しいは楽しいけど、その分、リスクがあることはわかっているんです。

こうした少々、無謀ともいえるチャレンジに対して専門家は、
接道義務を果たしていない物件のために売るに売れない状態で
放置された家は日本に沢山あるという。

 

森泉のこうしたチャレンジによって、
問題提起につながるということで、
それはすごく意義があるという専門家の声もある。

 

おわりに

森泉のDIYリフォームは
非常に人気が高いことで知られているものの、
家のある場所は実は問題が多いことでも知られていた。

 

それは森泉のもう一つの趣味であるペットであり、
それが近隣住民にとっては耐え難き
悪臭トラブルを招いていたという事実である。

 

昭和の負の遺産といってもいい
接道義務を果たしていない古家をDIYでリフォームして
蘇らせるという森泉の挑戦には賞賛があがるものの、
どうやら問題は別にあったということだ。

 

個人的にはこの森泉の姿勢は
評価できるものであると感じるが、
いささか30匹のペットの悪臭というのは
いかがなものだとは思うが、それはそれとして・・・。

 

Sponsored Link