水崎綾女が旦那と
たった1年数か月で離婚したという。

 

旦那は一般男性であるが、ネット上には
旦那の画像のようなものが流布されている様子。

 

どうやら穏便な離婚でトラブルがあったわけでもないが、
一体、何があったのかを見ていきましょう。

 

Sponsored Link

水崎綾女について

ウエットヘアと言う名のずぼら。 #濡れ髪 #ウエットヘア #お風呂上がり

水崎 綾女さん(@misakiayame)がシェアした投稿 –

【名前】 水崎綾女(みずさきあやめ)

【生年月日】 1989年4月26日

【星座】 おうし座

【年齢】 28歳

【出身地】 兵庫県神戸市

【血液型】 B型

【所属】 ホリプロ

【デビュー】 2005年

 

水崎綾女の経歴など

  • 2004年「第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でヤングサンデー賞(ベストグラビア賞)を受賞し芸能界デビュー。キャッチコピーは「平成生まれのFカップ」。
  • 2005年1月15日発売の『週刊ヤングサンデー』(小学館)でグラビアデビュー。
  • 2005年10月12日、原宿警察署1日警察署長を務める。
  • 2006年、ファイブスターガールに選出される。
  • 2006年3月2日、多忙を理由に芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」を退団。
  • 2006年12月「人気小劇団とグラビアアイドルのコラボレーション」が惹句の「お台場SHOW-GEKI城」企画においてノゾエ征爾作・演出の『ニルバウナ』で初舞台を踏む。
  • 2007年10月、『キューティーハニー THE LIVE』(テレビ東京系)で青いキューティーハニーの早乙女ミキ役を演じる。
  • 2012年『特命戦隊ゴーバスターズ』(テレビ朝日)に第22話より敵役エスケイプとしてレギュラー出演。
  • 2017年、ヒロイン役で出演した映画『光』(河瀬直美監督)が、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品。5月23日(日本時間24日)の公式上映では、10分間のスタンディングオベーションを受けた。エキュメニカル賞を受賞

引用:Wikipedeia

水崎綾女の旦那について

水崎綾女の旦那は37歳の
省エネ関連の販売をしている一般男性である。

 

出会いは2015年5月に友人の夫婦と
供に訪れたパーティ会場でであったと言われている。

 

同じ兵庫県出身であったことなどから意気投合して、
数回の食事デートなどの後に交際を開始し、同居生活をしたという。

 

ネットなどでは水崎綾女の旦那の
職業が怪しいなどという声も上がっていた。

 

と、いうのも省エネ関連の販売ということで挙げられるのは
ソーラーパネルなどの販売であり、これらの販売は詐欺商材なども
多いことからである。

 

しかし、だからといって水崎綾女の旦那と結び付けるのは、
早計であるといえ、全く根拠のないデタラメであると思われる。

 

水崎綾女の旦那の画像?

画像引用:yahoo.co.jp

水崎綾女の旦那として、
ネット上に流布しているのが以上の様な画像である。

 

どこかワイルダーな雰囲気を醸し出している男性である。

 

画像引用:yahoo.co.jp

この画像は水崎綾女のインスタグラム上に
かつて投稿された画像であると思われる。

 

しかしキャプションなどをよく見ると、
妹の旦那であると明記されている。

 

そうなると水崎綾女の旦那の画像では
無いということになるわけだが、どうだろうか?

 

水崎綾女が旦那と離婚した原因や理由は?

水崎綾女が旦那と離婚した理由はブログなどにも書かれている。

皆さまにご報告です。

私事ではありますが、

この度、離婚したことをご報告致します。

結婚してからも撮影で地方や海外にいる機会が増え、すれ違う事が多くなりました。

家族が出来て嬉しく思い、皆さまから祝福していただいたのにも関わらずこのような決断に至ったことを心苦しく思います。

まだ若く、足りなかった事もありましたが、この経験を今後に活かし、これからも女優として、人として邁進していきますので応援していただけたらと思います。

引用:水崎綾女オフィシャルブログより

よくあるすれ違いが原因であり、
一緒に居れないならば結婚している意味が
希薄であるという理由からによるものだ。

 

水崎綾女が旦那と結婚したのは2016年7月である。

 

たった1年3か月のスピード離婚であるということになるが、
慰謝料などの問題もないことから、
後腐れがなく、無理のない形で破局したということなのだろう。

 

おわりに

水崎綾女の旦那の画像は実際には
旦那ではないようであり、その詳細は今後も不明であると思われる。

 

結婚し離婚するというのは、あくまで外部が
とやかくいえない絶対領域であると思うが、
そもそも結婚する必要性は微塵もなかったとも思われる。

 

表向きはあまり角が立たない形で済ませているが、
実際には経済的な格差や、心情的に相性が合わないなどと
いったモノもあったのかも知れない。

 

だが、それはもはや二人だけにしか分からないことであり、
それを詮索するのもナンセンスなのかも知れない。

 

Sponsored Link