元・大関の水戸泉が嫁のせいで部屋崩壊の危機に瀕しているそうだ。

 

水戸泉の嫁はブログも持っており、
評判は上々であるが、力士の嫁としての評判は最悪なものであるらしい。

 

人の不幸をまるで一身に受けているかの様な、水戸泉について迫ってみよう。

 

Sponsored Link

水戸泉の嫁

水戸泉の嫁はソプラノ歌手の小野友葵子(おのゆきこ)。

 

ソプラノ歌手として活動している顔とは別に
ボイストレーナーとしても後進の育成に尽力している。

 

特待生として鳴り物入りで入学した昭和音楽大学音楽科では、
まるで将来を約束されているかの様に大学生時代から
音楽の才能を開花させていた。

 

美しすぎるソプラノ歌手として、
プロとなってからも人気は出ており、
タレント活動の仕事も舞い込んでくるように。

 

水戸泉と結婚したのは2016年2月12日のことであり、
現役ソプラノ歌手と元大関で親方の水戸泉の結婚は注目を浴びた。

 

しかも水戸泉54歳、嫁の小野友葵子は
32歳という年の差も、話題の一因になっていた。

 

が、そんな小野友葵子が錦戸部屋を持つ
水戸泉の嫁となり、女将がつとまるのか?
と、いう懸念は結婚当時から囁かれていた。

 

そして、その懸念はいとも簡単に的中してしまい、
部屋崩壊の危機を呼び起こす一端になろうとは・・・。

 

水戸泉が嫁のせいで部屋崩壊した

嫁の小野友葵子のせいで水戸泉の部屋が
崩壊する理由というのは、様々な情報網で取り上げられている。

 

それを分かり易い形でまとめてみよう。

 

相撲部屋の女将としての仕事をまるっきりしていない

嫁の影響で水戸泉は弟子たちと供にちゃんこを食べなくなった

嫁はちゃんこが嫌いな様で、食べることを拒否している。

水戸泉が嫁を大事にするあまり、親方としての資質が無くなった。

 

水戸泉の嫁となった小野友葵子は
水戸泉と育ちも周囲の人間、何もかも違う環境で生きてきた。

 

相撲部屋の女将としての仕事を覚えるつもりもまるで無く、
ソプラノ歌手としての活動を優先させているかの様だ。

 

元々、水戸泉が小野友葵子に一目惚れをして、
一心不乱に口説き落としたことが馴れ初めであるそうだ。

 

だからこそ、嫁として娶った後であっても、
小野友葵子を甘やかし放題であり、
自分自身も親方の立場を忘れて、
その甘い結婚生活に浸り過ぎているようだ。

 

辛い稽古をしている弟子たちを放っておいて。

 

自分自身が親方を務める錦戸部屋の崩壊は、
こうした嫁の小野友葵子の奔放ぶりが
災いしていると見られていても、仕方がないと言えるかもしれない。

 

水戸泉の嫁のブログの評判

そんな水戸泉の部屋崩壊の一因となっている
嫁の小野友葵子はブログ更新を怠っていることはない。

 

必ず毎日更新を欠かしていないようで、
アメブロのヨーロッパカテゴリでは4位になっているという人気ぶり。

 

嫁の小野友葵子のブログの評判は確かなものであり、
セレブ生活をしているムードが漂い、多くの主婦層に高い評判を得ている。

 

とても相撲部屋の女将が執筆しているとは
思えないほどのブログコンセプトであり、
何故、水戸泉と結婚をしたのかが気になる位のブログ内容だ。

 

気になるのはイタリア生活の記事が多く目立つということだ。

 

水戸泉の嫁というだけであり、
相撲部屋の親方を支える女将としての働きは
一切していないということは明白である。

 

元々がソプラノ歌手として、
自分自身で売り込みもしている精力的な女性だ。

 

それは致し方が無く、
こうなってしまうのは結婚前から予想はついていたとは思うが・・・。

 

水戸泉の部屋崩壊と嫁のまとめ

水戸泉の嫁が女将としての資質がないことは、
結婚した直後の引き出物のチョイスにも
既に現れていたのは、有名なエピソードだ。

 

そして嫁の小野友葵子と結婚してからの水戸泉の変貌ぶりに、
信頼感を失った弟子や後援会の離脱が相次ぎ、
部屋が完全に崩壊するのは時間の問題であると囁かれている。

 

この状況を食い止める術は果たしてあるのだろうか・・・。

 

現在、水戸泉自身も思い病魔に
冒されている状態でもある以上、
部屋崩壊を阻止して再興させるのは、
もはや絶望的状況なのかも知れない。

 

関連記事

↳ 水戸泉の人工透析は病気に対する余命を打ち破れるのか?

↳ 水戸泉が透析で腎不全に立ち向かっている! 怪我のデパートのステージは?!

 

Sponsored Link