三田寛子さんは大物歌舞伎俳優の中村橋之助さんの嫁です。

 

若い時はアイドルでしたが、結構、実家は不遇だったという噂があります。

 

しかし、中村橋之助さんの嫁になり、言い方が悪いですが、玉の輿タレントとなったわけです。

 

が、この度の中村橋之助さんの不倫には、激怒している様です。

 

そんな三田寛子さんの実家や生い立ちについて、触れてみましょう。

 

Sponsored Link

三田寛子の実家は不遇ではなく一般家庭

%e4%b8%89%e7%94%b0%e5%af%9b%e5%ad%90

三田寛子さんは何気に京都の出身であり、実家は至って一般的な家庭のようです。

 

本名は中村敦子さんといい、父親はタクシードライバーを職業としている
芸能とは全く無縁の普通の家庭環境だったようです。

 

不遇だったのは三田寛子さんがアイドルとして
芸能界でのし上がる時や、中村橋之助さんの嫁になった時です。

 

三田寛子や実家に対する強いパッシング

三田寛子さんがまだ駆け出しの頃、不遇だったことは知られています。

 

14歳、中学2年生の頃に
雑誌【セブンティーン】のモデルオーディションに合格し、芸能界入りを果たしました。

 

翌年には上京し、TBSドラマの人気シリーズ【3年B組金八先生】の
スピンオフドラマである【2年B組仙八先生】で女優デビューも果たします。

 

これだけだと、一体、何が不遇なのか?と言われるかも知れませんが、
芸能活動が忙しくなり、高校生になった頃には学業に支障が出て、単位を落してしまいます。

 

その結果、明治大学付属中野高校の定時制に編入せざるおえなかったとか?

梨園の妻と揶揄されて・・・

それでも芸能人としては人気を博していた為に、実績を積み上げていったのですが、
三田寛子さんにとって辛かったのは、中村橋之助さんの嫁になった時です。

 

梨園の妻』と皮肉られたりして、性格は最悪などと、ありもしないパッシングをされていたようです。

 

ちなみに梨園の意味とは、元は中国の宮廷から端を発した言葉です。

 

中国の宮廷には音楽を披露する人々がいたのですが、
彼らがいた場所には梨の木が沢山、植えられていたのです。

 

なので、音楽や演劇の業界のことを、一部の人間は『梨園』と呼ぶ様になったのだという。

 

そして現在は日本の伝統芸能である【歌舞伎】を指す時に、
梨園という言葉をつかう人間がいるようで、そういった人間達から
梨園の妻』と皮肉を言われるようになった三田寛子さん。

 

歌舞伎の関係者などからすれば、アイドルから女優になった三田寛子さんは、歌舞伎役者の嫁としては不適格という見方があったようですね。

 

それに加えて、三田寛子さんの実家は、昔から芸能などとは全く無縁の一般家庭。

 

そんなパッシングの中で三田寛子さんは
中村橋之助さんの嫁になり、3人の子供を授かり、
大物歌舞伎役者の嫁として恥じない女性になっていったのです。

 

中村橋之助の不倫に対して

中村橋之助さんがマスコミ各社に謝罪会見をした時に、三田寛子さんの話になりました。

キツく、キツく、叱られました。決して説教とかではなく、キツく、キツく、叱られました。時間を忘れるくらいに…

と、苦笑いで話す中村橋之助さんの姿がそこにはあったようです。

僕の軽率な行動に怒りはあると思う

そう話す中村橋之助さんですが、
三田寛子さんの怒りは収まるのには、非常に時間がかかる様子ですね。

 

かといって、これが原因で離婚ということは、
ちょっと想像がつかないので、時間が解決するのを待つ感じなのではないでしょうか?

 

関連記事

↳ 【中村橋之助】息子の学校は本当に青山学院か? 逮捕とは一体・・・【三田寛子】

↳ 中村橋之助の不倫(浮気)相手の市さよの顔画像(写真)が流出! 京都の人気芸妓の経歴は?【文春砲】

 

Sponsored Link