エスパー伊東が芸能界を引退するという。

 

多彩な超人芸であるが、時にズッコケる余興で、
かなりの値段のギャラを稼いでいた。

 

そんなエスパー伊東の引退理由などに触れてみよう。

 

Sponsored Link

エスパー伊東について

エスパー伊東は本名を伊東万寿男といい、
1960年12月26日に熊本県阿蘇郡で生誕。

 

現在は56歳であり、芸能界のデビューは1989年。

 

埼玉県和光高等学校を卒業後、漫画家などを志していた経緯もある。

 

身体をはった余興で電撃ネットワークなどと供に
かつてパフォーマンスをしていたことでも知られており、
テレビ出演などの仕事にはあまり恵まれていない。

 

が、結婚式やイベント内の余興として
営業周りをしているのがメインの活動内容であった。

 

芸能界引退の理由とは?

エスパー伊東の引退理由は
体力の限界と、本人が公表している様子。

 

電撃ネットワーク、江頭2:50などと
芸風がかぶっているところもあるが、
コミカルな芸の様に見えたエスパー伊東の余興は
何気にハードそのものだった。

 

また各地に営業で周る際には、
ネタなどの道具を詰め込んだバッグなどを
一人で担いで移動しているのも、身体に無理がたたっていたようだ。

 

肩から首にかけて、
骨などがいびつに変形してしまっているようで、
去年の秋には寝ているときに肋骨を自然骨折していたという。

 

医者にはこれ以上、そんな生活を続けていれば
車いすにのる羽目になると警告をうけていたようだ。

 

エスパー伊東はそんな自身の身体の悲鳴と向き合いながら、
苦渋の引退という決断をした様である。

 

エスパー伊東の余興のギャラ値段は何と・・・

エスパー伊東はテレビなどにはあまり出ることが無かったものの、
その人柄と奇抜な芸風から、日本各地で
結婚式などの余興で呼ばれることが多かった。

 

その為に実はエスパー伊東は何と年収にして
2000万円以上のギャラを稼ぎ出していたことで知られている。

 

一回、営業で余興を披露する度に、
値段にして20万円から30万円ものギャラを稼ぎ出していたということで、
下手な芸人よりも稼いでいたことは意外な真実だ。

 

そんなエスパー伊東だが、芸能界を引退した
その後は芸術家への転身をはかると発表されている。

 

おわりに

エスパー伊東は芸人になる前には
漫画家のアシスタントなどをしていたこともあり、
絵の腕前はかなりものであるそうだ。

 

現在も独身を貫いており、
お金に対して執着をしていないので、
無理に芸能界に拘る必要もないのだろう。

 

無理がたたってボロボロになった身体を休めて、
静かに芸術家としての第二の人生を歩んで行って欲しいものだ。

 

Sponsored Link