増田直人は姫路市の飲食店で店長についている人物であるが逮捕されている。

 

逮捕された経緯や顔写真画像やFacebookなどの有無を調べるとともに、姫路市のひき逃げ事件の概要で疑問符があるところを重点的に考察してみよう。

 

Sponsored Link

増田直人が逮捕された概要とは?

増田直人の事件を報じたのはテレビニュースからである。

29日未明、兵庫県姫路市で50歳の男性が車にひかれ重傷を負った事件で、警察は47歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、兵庫県高砂市の飲食店店長、増田直人容疑者(47)です。警察によりますと増田容疑者は29日午前2時半ごろ、普通乗用車を運転中に姫路市飾磨区の信号のない交差点で歩いていた近くに住む男性(50)をはねて頭蓋骨を折る重傷を負わせたにも関わらず、その場を立ち去った疑いが持たれています。
テレビのニュースを見た増田容疑者が警察に自首し、増田容疑者の車の傷などを調べた結果、逮捕に至ったということです。

調べに対し増田容疑者は、立ち去ったことについては認めているものの、「人か物かわからなかった」と容疑を一部否認しているということです。

引用:毎日放送より

午前2時半で信号のない交差点での事故ということであるが、被害者の命を奪うに至っていないというのは不幸中の幸いと言える。

 

この犯行の考察は後述するとして、次は顔写真画像やFacebookの有無などをみていこう。

 

増田直人の顔写真画像やFacebook画像は?

増田直人の顔写真画像などは、警察や報道メディアなどからは現在は公開されていない模様である。

 

被害者が命を奪われていないことや、増田直人自身が自首をしていることから、罪を償ったあとの将来性も考慮して、今後も顔写真画像などは流出しない可能性が高い。

 

またFacebookなども同姓同名のユーザーが多数いるが、兵庫県高砂市、飲食店店長という報じられた情報に合致する増田直人を特定するには至らなかった。

 

飲食店の店長ということであり、その店を特定する情報も一切出ていないので、具体的なものを示すことは現在のところは不可能といえるだろう。

増田直人が姫路市のひき逃げで何故、逃走したのか?

増田直人はテレビのニュースを見たことが切欠で、自首をして自らが姫路市の交通事故の加害者であることを名乗った。

 

これは当然、減刑の対象にもなり、被害者も亡くなってはいない為に、務めていた飲食店の仕事は失う可能性があるにせよ、人生を棒に振るまでには至っていないと思われる。

 

しかし、事故後に乗っていた乗用車を降りて、何にぶつかったのかを判断していなかったというのは、いささか首を傾げるところではある。

 

車が何かにぶつかった時には、その次の行動はまず降りて何を轢いたのか?、そして自分の車のダメージはどの位なのかを確認するという行為に及ぶのが自然。

 

それが出来なかったというのは、仕事で疲れていて、一分一秒でも帰りたかったのか? 或いは飲酒をしていたのか?という更なる疑惑が浮上する。

 

今後の捜査によって、これらは明らかになるであろうが、それによっては非常に重い罪が問われる可能性も否めない。

 

事故現場の交差点は深夜は街灯も少なく、真っ暗闇に覆われているだろうが、道幅も広いところである。

 

普通に走行していれば、防げたはずの事故であるとは思うのだが・・・。

 

おわりに

増田直人が姫路市のひき逃げ事件の犯人と言うことで、Facebookや顔写真画像の有無を調べてみた。

 

およそ現在のところは勤めていた飲食店などの詳細は明らかになってはないものの、こうした事件は日常にも起きえるものであることは、重々、気をつけなければならない。

 

誰も人を轢きたくてひく人間はいないわけであり、事故を起こせば確実にその後の運命は悪い方向へと変わってしまうのは明白。

 

ならば、常に安全に気を使って、日々、危機管理をもっておくことが、こうした事件を防ぐ最善の手段であるといえるのだが、どうだろう?

 

Sponsored Link