市村正親は舞台俳優の中では
最も成功した人間の一人であると言える。

 

元嫁は劇団四季の女優・八重沢真美であるが、
離婚して篠原涼子と再婚したが、
どうやら略奪婚であったと言われている。

 

そしてその原因は子供であったという。

 

若い頃の画像と供に、それらを詳しく紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

市村正親について


【名前】 市村正親(いちむらまさちか)

【生年月日】 1949年1月28日

【星座】 みずがめ座

【年齢】 68歳

【出身地】 埼玉県川越市

【血液型】 A型

【学歴】 埼玉県川越商業高等学校

【所属】 ホリプロ

【デビュー】 1973年

 

市村正親は新聞記者をする父親と
飲食店を営む母親の間に生まれた。

 

幼少の頃から周りの子供らとは違い、
一人で母親から貰った金で夕食を済ませて、
映画館で過ごし、父親と飲み屋にいくという毎日。

 

また電線を拾い、それを集めて
廃品処理をしている工場に持っていき、
こづかいを稼いでいた。

 

高校を卒業後に専門学校を経て、
西村晃の付き人になり、1973年に劇団四季の公演でデビュー。

 

劇団四季の看板俳優となるが、
1990年に退団し、舞台俳優だけではない活動も行い、
世界一と称される程のエンターテイナーぶりを発揮。

 

1984年に女優の八重沢真美と結婚し、後に離婚。

 

2001年のシェイクスピアシリーズの
【ハムレット】で共演した篠原涼子と、2005年12月に再婚。

 

現在も映画やナレーション、舞台、テレビなどに出演し、
バラエティ番組にも登場して、人気を博している。

 

市村正親の元嫁・八重沢真美との離婚理由は子供?!

1984年に所属していた
劇団四季の女優・八重沢真美と結婚。

 

21年の結婚生活の後に離婚したが、
既にその頃には現在の嫁の篠原涼子と知り合っており、
予定調和のように結婚。

 

元嫁・八重沢真美との離婚原因は子供にあるとされており、
理由はかつて八重沢真美がインタビューに
答えていたコメントから垣間見える。

いつかは独身に戻る予感がしていて子供を作らなかった

要するにどちらかに子供が出来ない理由があったわけではなく、
要して子供を作らなかったということであろう。

 

何故なのかといえば、
市村正親自身の女性関係が当時から派手であったという噂もあるが、
もしかしたらそんな事実は無かったのかも知れない。

 

と、いうことは子供がもしもいれば、
離婚と相成らなかったという事とも思えるが・・・。

 

市村正親の若い頃がイケメンすぎる!


市村正親の若い頃は、
非常に女性関係が派手であったと噂されているものの、
目立って不倫や浮気などが報じられている事実は無い。

 

若い頃の写真画像を見る限りは、
非常に甘いルックスで危険な魅力を
醸し出している容姿に恵まれている。

 

当然、女性にモテていたであろうが、
それは若い頃を知っている元嫁にしか分からない
何かがあるのだろう。

 

現在は元嫁との間には
敢えて作らなかった子供にも2人恵まれており、
若い頃とは違って既に年老いてプライベートも
落ち着かせようとした気持ちの表れなのだろうか。

 

おわりに

市村正親と元嫁・八重沢真美との間に
子供がいない理由というのをメインに取り上げてみた。

 

離婚は子供がいなかったことが
最大の原因であるとも思われ、市村正親の篠原涼子との
再婚も略奪とは言われていても
実際には違うのではないだろうか?

 

元々が既に元嫁との夫婦関係は
冷え切っていたことが、如実に感じられる。

 

Sponsored Link