小林麻央が再入院をしたことが話題になり、
過去に余命が危ぶまれていたことが再燃している。

 

12月20日にブログ KOKOROで再入院を報告したわけだが、
体力回復に向けて病院でクリスマスを過ごすという。

 

小林麻央が何故、再入院したのかを中心に見ていこう。

 

Sponsored Link

小林麻央の再入院は骨転移の痛みから

小林麻央の再入院の理由は、
体力回復の為ということをブログ KOKOROで更新している。

 

がんは骨転移していたのは9月の段階で明らかになっていたが、
12月の半ばを過ぎた辺りから、以前よりも
痛みが酷くなってきたことを告白している。

 

しかし、痛みよりも精神的な不安の方が、
小林麻央にはきつかったようだが、自宅での療養を頑張ろうとしていた。

 

が、主治医からの勧めで、
あくまで疲弊した体力の回復の為に再入院と相成ったようだ。

 

小林麻央の再入院により余命の噂が再燃

小林麻央が再入院をしたことにより、
兼ねてから噂されている余命はいつか?
と、いう考えたくもない噂が再燃。

 

特に年内・・・12月であるという予想が多かったが、
退院後にブログ KOKOROで見せている更新内容から、
その噂はファンやユーザーたちの取り越し苦労という形で終息していたのだが。

 

あくまで事実をありのままに受け止めるタイプの人間達は、
ドライな気持ちで小林麻央は12月まで持たないという囁く人間も多かった。

 

しかし、これを知ってか知らずか、
小林麻央自身は再入院の病室で家族に支えられながら、
退院を目指して病院で再起を図っているのだ。

 

小林麻央は再入院先の病院で

昨日に骨転移の痛みなどから
再入院を決めた事実を明かしても、
病院では非常に穏やかな気分で過ごしている様子がうかがえる。

 

そして、痛みや恐怖と向き合う中で、
一番、がんと向き合うことで重要な自分を信じる心を再び持つ為に、
僅かで些細なエピソードをブログ KOKOROの更新で綴っている。

 

姉の小林麻耶の暖かい言葉掛けもメディアに取り上げられて、
多くのファンがこれに共感している事実も無視は出来ない。

『心配ではなく、信頼だよ』健康に戻る!妹を信頼することが大事

愛情溢れる家族に支えられて、
再入院先で体力を回復させて、再び退院することが期待されている。

 

おわりに

週刊誌の最新号では、小林麻央の再入院に際して、
旦那の市川海老蔵が願掛けを思わせる様な行動を密かにしているという報道があった。

 

小林麻央の再入院に対する余命は12月という大方の予想を覆す為に、
各々が出来ることをして元気な彼女の気持ちを今一度、元に戻そうとしているのが見て取れる。

 

人間の生命力と祈りの力は絶大なものである。

 

より大きな願いをもって、絶対的な宇宙の風を呼び込み、
とてつもない奇跡を起こせることを願うばかりだ。

 

 

Sponsored Link