小林麻央が自身のブログ KOKOROで
最新の検査結果をファンに向けて報告している。

 

先日は放射線治療を終了しているが、
その副作用に悩まされている姿がブログを通して垣間見える。

 

Sponsored Link

小林麻央の現在の病状

小林麻央のブログ KOKOROの12月10日の更新記事は
全身の検査をしたという内容だった。

 

特に身体を蝕んでいるガン細胞が
更に広がっていることもないようで、
とても安堵の気持ちを表現している。

 

つまり、体調は依然と悪くない様子であり、
クリスマスパーティーに子供を送り出す元気な様子を見せている。

 

小林麻央はかねてより余命が年内などと囁かれている様だが、
この様子だと年内はおろか2017年も
ブログの執筆などを滞りなく行えるのではないだろうか?

 

現在の彼女はブログ KOKOROを執筆し続けることで、
心身の安定と収入の両立をはかれているので、
これは非常に良い傾向であると言えるだろう。

 

放射線治療の副作用とは?

また同日にブログ KOKOROを更新した別記事には、
以前に行った放射線治療のことが書かれていた。

 

かねてより喉の痛みを訴えていた小林麻央だが、
それは放射線治療の副作用であることが分かっていた。

 

が、それに加えて、背中の痛みや
体調不良が彼女を襲っていることが伺える。

 

本来は放射線治療は
身体への負担が少ない末期がん患者に
有効な治療方法でもあるのだが、やはりそれでもダメージは大きい模様。

 

そもそも、健常者とちがって、
末期がん患者でステージ4の身体には、
些細な変化にも敏感に身体が反応するのだろう。

 

既に体力面などは普通の人間と
は明らかに劣ってしまっているわけなので、
更なるケアなどの必要が迫られていると見受けられる。

 

乳がんは骨や肺にも転移しているが

小林麻央は10月のブログ KOKOROで
骨や肺にもガンが転移していると告白していた。

 

ステージ4の乳がんは猛威を振るって、
彼女の身体を貪り尽すかの様に侵食していった様だ。

 

しかし退院後は温浴療法や放射線治療の甲斐があって、
がんの進行は非常に遅延な状態を保っている様だ。

 

むしろ退院後にしている自宅療法の方が、
がんの進行を著しく抑制出来ているのではないのか?と、思うほどだ。

 

がんが骨や肺にも転移しているというと、
それは想像を絶するほどの痛みを伴うと思われるが、
現在のブログ KOKOROの更新では、それらを訴える記述はない。

 

かなり現在の生活と、行っている様々な方法が功を奏していると言えるだろう。

 

おわりに

小林麻央のブログ KOKOROを見ていると、非常に勇気づけられる記述が多い。

 

最新の病状などを随時、更新することは、
同じがん患者の人間にエールを送ることでもあり、
健常者の我々にも勇気を与えてくれている。

 

もはや芸能界への復帰が絶望視されてはいるものの、
僅かな可能性を信じて、熱く見守っていきたいところだ。

 

Sponsored Link