小林麻央がブログ KOKOROで温浴療法を開始したことを報告。

 

温浴療法とは主に末期がん患者が
余命を延ばす為に行われる一つの方法だ。

 

小林麻央が行っている温浴療法とは、どの様なものなのか?

 

Sponsored Link

小林麻央のブログKOKOROの最新情報

小林麻央が服薬中止して、
体調不良の原因を探っていたのは最近のこと。

 

それに加えて、あらゆることにチャレンジをしている様は、
同じ病を持つ方々には、非常に元気を頂けることだと思われる。

 

そして、ブログKOKOROの最新情報としては、
温浴療法なる治療を始めたという。

 

小林麻央の温浴療法

 

小林麻央が実践している温浴療法は、
どの様な効果があるのだろう?

 

少し話は逸れるが、人間の細胞は42.5℃から
43℃以上に体温が上がると、死亡すると言われている。

 

なので、原則的には人間の体温は41℃以上に
上がることはないと言われている。(例外はあるが)

 

この原理を利用したものが、温浴療法である。

 

小林麻央が具体的にどの追うな温浴療法をしているのかは、
ブログKOKOROには書かれていなかった。

 

水着を着ているということから、
しっかりと温度調整をしたお湯に身体を沈めて、
身体を芯から温めて、末期がんの身体に
巣食っている悪性細胞を取り除いているのだろう。

 

温浴療法の効果の解説

前述したが、人間の細胞は高温になると死滅していくが、
がん細胞ではない正常な細胞も死んでいくのでは? 
と、感じる方もいるだろう。

 

が、人間の身体は良く出来ているのである。

 

本来の正常な身体の細胞は、
がん細胞と違い、温められると血管が拡張されて、
血が身体をめぐることにより、血液が熱を運び去っていくのだ。

 

が、がん細胞の中にある血管は拡張されないので、熱が逃げない。

 

と、いうことはがん細胞のみが死滅し、
健康な細胞は残るという効果があるのだ。

 

末期患者や、余命が宣告されている人間、
またステージが低いがん患者なんかも、この効果を利用し、がんと闘っているのだ。

 

おわりに

小林麻央が末期がんにより、その余命が危ぶまれている昨今。

 

確かに服薬中止をやめて、
体調不良を起こしていることが
ブログKOKOROで明らかになっている為に、
余命が年内と囁かれるのも無理はない。

 

が、温浴療法、または温熱療法は
自宅でも簡単にできるものとはいえ、馬鹿には出来ないのだ。

 

小林麻央は服薬中止し、
温熱療法(温浴療法)に活路を見出したのだろう。

 

これが功を奏せば、末期と言われる寿命を
延ばす事も、確実に可能になるわけだ。

 

 

Sponsored Link