小林麻央ブログ KOKORO
今日、3月18日に更新を再開。

 

4日間の沈黙の後に再びブログを再開したことは、
ファンにとっては朗報であることは言うまでもない。

 

そして、ブログの内容からして、
それは渡瀬恒彦の死去が
切欠だった様に思えるのだが・・・?

 

Sponsored Link

小林麻央のブログKOKOROの今日の更新

小林麻央が3月18日の午前に
ついにブログを更新した。

 

今日もないのか?
と、思ってブログ KOKOROを訪れた読者やファンは、
胡蝶蘭の写真が消えていることに安堵したことだろう。

 

当サイトにも小林麻央が今まで余命を存続させて、
ブログを更新し続けてきたのが奇跡であるというコメントを頂いた。

 

それは確かに読者様の仰るとおりであり、
身体中に末期がんがあり、皮膚転移までしている
小林麻央がブログを書き続けていること自体が凄いの一言だ。

 

そもそも、末期がんの苦痛と戦い、
いつ急変するか分からない身体の変調に
不安を感じながらの状態では、普通はブログの更新を
する気持ちになどなれない筈。

 

小林麻央のブログKOKOROの更新理由は?

それでも小林麻央が、今日のブログKOKOROを
更新した理由は、いくつか推測できる。

 

まずはファンやアメンバーをはじめとする読者に
自分は無事であるという報告をしたかったということ。

 

そして、もう一つはこれ以上、ただブログを
更新していないからと言って、あぶないと揶揄されるのを防ぐこと。

 

だが、一番の理由は3月14日・・・
奇しくも小林麻央がブログKOKOROの更新を停止した日に
死去した渡瀬恒彦が再びブログ更新を小林麻央に
させた切欠ではないか?

 

小林麻央がブログを更新したのは渡瀬恒彦の死去?!

小林麻央は今日、更新したブログ記事で書いているのは、
名指しはしていないものの、間違いなく渡瀬恒彦のことである。

 

ふと、、、というタイトルで更新された
ブログ記事には、会ったことはなくても、

同じがんで闘病していた有名人の訃報にふれると、
自分自身もブルーな気分になるというような
ニュアンスで思いの丈をつづっている。

 

仲間意識という言葉を使っているが、確かにそうなのだろう。

少しでも長く生きていきたいです。

どこか血を吐くような切実な小林麻央の想いに、
やはり更新された記事についたコメントの数は
なんと1700件以上とダントツに多い。

 

おかえりと、いうな気分にもさせる大丈夫という
暖かいメッセージの多くには、非常に素晴らしい連帯感が
生まれている感がある。

 

小林麻央にはブログ KOKOROを
通して愛情の豊富な読者やファンのエールがある。

 

これを感じている限りは、
例え闘病生活が辛く険しいものであっても、
その余命を存続させ続けれると感じるのだが・・・。

 

おわりに

小林麻央がブログ KOKOROを
今日、ついに更新したことは、非常に同じ
がん患者にとっても心丈夫な気持ちにさせるだろう。

 

渡瀬恒彦の死去に触発されたものとみて、
間違いないだろうが、決定的に彼と違うのは、
ダイレクトにファンや読者の気持ちが伝わってくる環境にいるということだ。

 

ブログ KOKOROの更新が
小林麻央の生存報告の様な位置づけに見られるのは、
彼女にとっては心外かも知れない。

 

が、小林麻央が無事にブログを書き続けていることだけでも、
多くのがんで苦しむ人間に勇気を与えていることは、
確かな事実なのだ。

 

Sponsored Link