小林麻央がブログ KOKOROの最新投稿、
1月13日の記事で吐き気をもよおしていることを告白。

 

同日にはアメンバー限定の記事を投稿していることからも、
その心にはいつも以上の恐怖と不安があるのでは無かろうか?

 

痛みに続いて吐き気という状態の原因であるが、
それを考えてみると供に、ブログ上で記されたまどんなとは何かを紐解こう。

 

Sponsored Link

小林麻央の痛みと吐き気

小林麻央は痛みに続いて吐き気をブログ上で吐露。

 

ブログKOKOROでの最新記事では、
朝に楽しみにしていたヨーグルトすら食べられずにいるという。

 

某掲示板でも、この吐き気に際しては意見が行われているのだが、
現在の吐き気の原因が何故なのかが見え隠れしている。

 

小林麻央の吐き気の原因とは?

小林麻央のアメンバー限定の記事の内容は、ここに記述することは出来ない。

 

12日の病院での診察の過程で落ち込むことがあったそうで、
それに続いて母親が作ってきてくれた食事を平らげた後に吐いてしまったという。

 

この時には丸一日ぶりの食事であったそうで、
それが影響していると本人は書いていたそうだ。

 

そして、某掲示板では炭水化物は
がん細胞の増殖を手助けしてしまう要素もあるそうで、
これを口にしたことにより吐き気をもよおしたのではないか?
と、言うような見解も出ている。

 

つまり、がんを増殖させるものを摂ったことによる、
身体の防衛反応が無意識に働いたとでもいうことだろうか?

 

精神的に弱っているところに続いた
身体の防衛反応によるものが吐き気の原因ならば、
考え方によっては良いことであると言えなくもない。

 

ブログ KOKOROで書かれたまどんなとは?

小林麻央が初めて食べるみかんの名前をブログ記事に記述している。

 

まどんなという名前であるが、
これは愛媛県のオリジナル産種の【媛まどんな】であると思われる。

 

みかんには様々な品種があるが、
まどんなは生産量が少ない新品種であり、
12月から限定販売されている特殊なみかんだ。

 

2005年に愛媛県にて【南香】と【天草】を交配させて出来たもので、
普通のみかんと違って、その食感はまるでゼリーの様であると評判である。

 

果実よりも汁っけが多いのも特徴として挙げられており、
愛媛が発する新感覚スイーツとしても知られている。

 

おわりに

小林麻央は病院では変わらず放射線治療を続けており、
その際に起きる炎症により痛みが増していたのだという。

 

それに加えて吐き気ということで、
満足に食事も摂れないのは、非常によろしくない現状だといえる。

 

現在、楽しみにしている愛媛の新品種のまどんなが、
小林麻央にささやかながらの幸福感を与えてくれることに期待したい。

 

Sponsored Link