雨宮まみの訃報が知らされた。

 

死因は自宅での事故と報道されているものの、
不明瞭すぎな発表に、自殺の疑惑が浮上している。

 

雨宮まみのこれまでを振り返り、
彼女に何が起きていたのかを考察してみよう。

 

Sponsored Link

雨宮まみの経歴

雨宮まみは容姿端麗で、一見するとタレント?
と、思いたくはなるが、職業は性風俗ライターである。

 

1976年9月26日に福岡県で生まれた雨宮まみ。

 

地元の福岡には高校卒業までおり、大学進学の為に上京。

 

雨宮まみの出身大学は伏せられているものの、
自らの女子大生時代を【暗黒時代】と言っている
彼女のコメントを紐解くと、明治大学の学生だったと思われる。

 

その後、フリーターになり、色気を売りにする
アルバイトを経験し、成人雑誌を刊行する出版社へ就職。

 

2013年の流行語大賞にノミネートされた切欠の書籍
【こじらせ女子】を送り出して、一躍、話題をさらった作家であった。

 

雨宮まみの死因とは?

雨宮まみの死去を伝えた報道メディアによると、
11月15日に自宅で心配停止しているところを発見された。

 

雨宮まみが執筆連載していた大和書房の発表によると、
事故で亡くなったそうだが、その事故内容も明確ではない。

 

死因は心不全ということになるのだろうが、
明らかに何かを伏せられている様な様相に、疑惑が浮上しているのだ。

 

雨宮まみが自殺と言われる理由

雨宮まみが精神を患っているのでは?
と、いう見解は、以前から囁かれていた。

 

と、いうのも、雨宮まみはオフィシャルブログで【
死にたくなる夜のこと】と銘打たれた詩を掲載していたからだ。

 

詩の全文を見たい方はクリック

 

この詩をブログに投稿していたのは今年の6月。

 

雨宮まみは作家であるから、
いかなる詩でも書き綴れるだけの知識と
スキルはあるだろうが、かなり衝撃的な詩と言える。

 

まとめ

雨宮まみの死去と死因に関しては、未だに大きな疑惑がある。

 

そして、自殺願望があるかの様な
彼女の残した遺作には、それを彷彿とさせる内容が込められていた。

 

やはり作家という職業は魂を削って、
多くの人間に文章を通して、何かを訴えかけているので、
精神力をすり減らすのだろうか?

 

死因が事故であれ、自殺であれ、今はただ雨宮まみのご冥福をお祈りしたいと思う。

 

関連記事

↳ 雨宮まみの出身大学の考察とヘルタースケルターの謎とは?

 

Sponsored Link