三原舞依は高校生でありながら世界選手権フィギュアスケートで自己記録を更新。

 

5位となったが、その活躍ぶりに注目が集まっている。

 

そんな三原舞依は実は難病を抱えており、それは完治しないものであるというが・・・。

 

Sponsored Link

三原舞依について

【名前】 三原舞依(みはらまい)

【生年月日】 1999年8月22日

【星座】 しし座

【年齢】 17歳

【出身地】 兵庫県神戸市

【血液型】 A型

【学歴】 兵庫県立芦屋高校在学中

【所属】 神戸ポートアイランドFSC

【デビュー】 2012年

 

浅田真央に憧れてフィギュアスケート選手になった三原舞依。

 

神戸市飛松中学校在学中に、全日本選手権に登場し、2013年プランタン杯で優勝し、一躍、期待の新人として脚光を浴びる。

 

2013年から2016年まで病気により、そのポテンシャルを発揮できず、苦渋を舐めたが、2017年から本領発揮。

 

2017年四大陸フィギュアスケート選手権でで、女子シングルで国際大会初優勝・金メダルを奪取した。

 

三原舞依の難病とされる病気とは?

三原舞依は難病指定されている病気にかかっている。

 

2013年から2016年まで成績が振るわなかったのは、この難病のせいである。

 

名前は【若年性突発性関節炎】というものであり、主に16歳以下の人間が発症するリウマチである。

 

これは、100,000人に約9人の確率しか発症しないというデータが出ており、このことから難病に指定されている。

 

 

 

本来、この病気は完治が難しいと言われているものである。

 

が、三原舞依の症状の場合は、数年で完治の可能性も期待できる病気であるという。

 

と、いうのもこの難病は3つの症状が確認されており、三原舞依の病気は【小関節型】と呼ばれるものである。

 

これは他と違って、数年で完治する可能性もある病気なのだそうだ。

三原舞依の難病の病気は完治したのか?

三原舞依は2017年になり、一気に本来の実力を発揮している。

 

それは戦績をみてもお分かり頂けるだろうが、完治しているか否かは不明。

 

しかし、前述した様に、三原舞依の難病である【若年性突発性関節炎】の【小関節型】は完治の可能性もある病気だ。

 

三原舞依が難病を発症してからは、何度も病気のせいで活躍出来なかったわけだが、現在の奮闘ぶりを見ていると違いは歴然。

 

もしかしたら、完治はしていないものの、その回復ぶりは順調なのかも知れない。

 

 

おわりに

三原舞依は現役高校生でありながら、日本の期待を一身に背負う若きスケート選手。

 

今季は始まってから大活躍しているが、その陰では難病の病気を抱えて、完治に向けて涙ぐましい努力を重ね続け、高校も通っている。

 

三原舞依のその絶え間ない努力と精神力の強さは、我々の様な人生の先輩も見習うべき点が数多いと思われる。

 

Sponsored Link