河本智旭(こうもとともあき)が逮捕されたが、事件が起きた彼女とのマンションは既に判明している。

 

顔写真画像やFacebookも既に特定されているわけだが、それらを紐解くと供に、事件の背景には何があったのかを考察していきましょう。

 

Sponsored Link

河本智旭が逮捕された概要

河本智旭が逮捕されたのを報じたのは、朝日新聞だ。

大阪市阿倍野区昭和町1丁目のマンションの一室で10月26日に白骨化した女性の遺体が見つかった事件で、大阪府警は16日、かつてこの部屋に住んでいた住所不定、無職河本智旭(ともあき)容疑者(28)を殺人容疑で逮捕し、発表した。

容疑を認めているという。

捜査1課によると、女性は堺市出身の比楽あゆみさんと判明。比楽さんは2010年12月10日に河本容疑者と浪速区役所を訪れたのを最後に行方不明になっており、府警がDNA型鑑定で遺体の身元を調べていた。比楽さんは河本容疑者の1学年上で、2人は高校時代から交際していたという。

同課によると、河本容疑者は10年12月~11年ごろ、比楽さんを殺害した疑いがある。

司法解剖したが死因は不明だった。

河本容疑者は「首を絞めて殺した」と話しているという。

府警は死体遺棄容疑の公訴時効(3年)が成立している可能性が高いとして同容疑での立件は断念した。

捜査関係者によると、部屋には「(比楽さんの)首を絞めて殺した。心中しようとしたが、自分は死にきれなかった」などと書かれたメモが残されていた。

16日朝、阿倍野区松崎町4丁目の24時間営業の飲食店に1人でいるところを府警の捜査員が発見。所持金は70円だった。

同店の女性店員は「朝7時ごろに(捜査員とみられる)私服の男性数人が来店し、奥の席で眠っていた若い男を起こして連れて行った。素直に従っている様子だった」と話した。

引用:朝日新聞より

殆ど事実関係が解明されている様にも思える概要である。

 

次は顔写真画像やFacebookを見ていこう。

 

河本智旭の顔写真画像やFacebookは?

河本智旭のFacebookは既に特定されている。

しっかりと顔写真画像も掲載されており、どこか、いかつさが漂う印象もある。

 

高校は大阪府立福泉高等学校を出ていたと言うことがFacebook上からも判別できる。

 

Facebook上の顔写真画像は6年前にアップロードされたものであるので、この顔写真画像は河本智旭が22歳の頃に撮られたものであることに相違ない。

 

次は問題の犯行現場になったマンションについて紐解いてみよう。

 

河本智旭のマンションはどこ?


河本智旭が彼女の比楽あゆみさんと同棲していたと思われるマンションは既に判明している。

このマンションでおそらくは将来を誓い合い、愛し合っていた河本智旭が彼女の比楽あゆみさん。

 

しかし、何故、そんな関係であったはずの2人の末路はこれほどに無残な顛末を迎えたのだろうか?

 

河本智旭の彼女への犯行動機とは?

河本智旭が彼女の命を奪った犯行動機は、結論から言って、おそらくは経済的理由が高じたことが切欠だ。

 

高校時代から交際していたという河本智旭は程なく社会に出て、交際し同棲をしはじめた。

 

だが、河本智旭の働きが悪い(逮捕時は無職)ことは、同棲相手の彼女にとっては生活はどんどん圧迫されていくのは明白。

 

愛情だけでは生活できないことは、誰でも容易に分かるだろう。

 

次第に甲斐性の無い自分を卑下し、彼女とも当然のように口争いなどになり、その関係は劣悪なものになっていったのは言うまでもない。

 

だからといって、すぐに職にありつけるわけでもなく、結局は彼女の稼ぎに頼るしかないという負のスパイラルに陥っていたと考えられる。

 

日々の重圧と先の見えない不安によって、彼女も精神的に不安定になっていたのは容易に推測できる。

 

おそらくは街金からも借金をしていたのかも知れない。

 

お互いに精神的に追い詰められていき、働く気力も失せたことによって、貧困生活がはじまり心中するという決意に達したわけだ。

 

だが、死にきれない河本智旭は彼女を手にかけて、その亡骸をどうすることもできずに、ただ放置していただけであるのだろう。

 

7年間もマンションに亡骸を放置していたというのは、想像を絶することではあるが、近隣住民も異臭などで不審に思ってはいたであろう。

 

だが、他人の揉め事に関わりたくないというのが、都会に住む人々の人情である。

 

最初の切欠は経済的不自由であると、報道の内容から推測出来て、それが最悪の負の連鎖を引き起こしてしまったのは明白である。

河本智旭の共犯者の米田未来も逮捕!

河本智旭に何と共犯者である人物がいたという驚くべき展開が報じられている。

 

河本智旭の元嫁で共犯者の米田未来の顔写真画像

河本智旭は被害者の彼女と同棲していた筈だが、実はそれ以前に米田未来という女性と結婚していた。

 

しかし結婚したがずっと被害者の比楽あゆみさんを想い続けていたという。

犯人と知りながらかくまっていた疑いで河本容疑者の元妻でアルバイトの米田未来容疑者(22)も逮捕されました。

警察は16日朝、河本容疑者が潜伏していたとみられる米田容疑者の自宅を捜索。米田容疑者は「河本容疑者が犯人とは知らなかった」と否認しているということです。

引用:毎日放送より

非常に急展開を迎えている河本智旭の事件であるが、今後、更なるショッキングな背景が潜んでいる可能性も高いのだ。

 

おわりに

河本智旭の顔写真画像やFacebookは既に特定されており、事件のあったマンションも判明。

 

若きカップルが愛情だけで供に暮らしていくことは非常に喜ばしいわけだが、それ以上に生活の責任というものに常に向き合う必要がある。

 

片方に何かがあれば、それを経済的、精神的、肉体的にカバーしあわなければならないわけであり、愛情があれば乗り越えられることも多い。

 

だが、乗り越えられない状態が一旦起きると、全てが崩壊し愛情すら失せていく。

 

どこか切ない事件ではあるが、人生をやり直すつもりで、刑に服して罪を償ってほしい。

 

Sponsored Link