小堀智弥が逮捕されたが、その容疑は少々、許し難いものがある。

 

例によって顔写真画像やFacebookの有無を調べるとともに、何故、年端もいかない女児をターゲットにしていたのかを見てみよう。

 

見方によっては、非常に小堀智弥の悲しい現実がそこに表れてくるようである。

 

Sponsored Link

小堀智弥が逮捕された概要とは?

小堀智弥が逮捕された概要は以下の通りである。

東京・大田区の路上で小学2年の女子児童に声をかけ、乗用車で連れ出そうとしたとして、専門学校生の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、大田区の専門学校生・小堀智弥容疑者(20)で、今月25日、自宅近くの路上で小学2年の女子児童(8)に「車に乗っていかない」と声をかけ、連れ出そうとした疑いが持たれています。小堀容疑者は、女子児童が防犯ブザーを鳴らしたため、逃走していました。

取り調べに対し、「小さな女の子だと自分より力が弱く、抵抗されないと思った」などと容疑を認めているということです。

付近では、女子児童が不審者に車の中から声をかけられるケースが相次いでいて、警視庁は余罪を調べています。

引用:TBS Newsより

小堀智弥がしたことは、世の親たちの恐怖と不安を煽るかの様な行為であり、許し難い犯行であるといえる。

 

20歳といえば、常識的にはその恋愛対象や欲望の対象は同世代の女性に向かうのが当たり前であるのだが・・・。

 

小堀智弥の顔写真画像やFacebookは?

小堀智弥の顔写真画像は既にテレビニュースなどで放送されたものが、ネット上に拡散されている。

 

 

しかし、この顔写真画像はその素顔をしっかりと確認することは出来ない写り方であるといえる。

 

しかし時間が経つにつれて、ネット有志により小堀智弥のより鮮明な顔写真画像が流布しているので、それを掲載しよう。

 

おそらくは高校生の頃の写真画像であると思うが、どこにでもいる真面目そうな少年である。

 

またFacebookの方は同姓同名のユーザーが複数、おり、上記の顔写真画像によく似ているプロフィール画像を掲載しているユーザーもいる。

 

だが、大田区在住とはなっておらずに、その他の明るみになっている情報と合致するものが無い為に、掲載の方は控えておこう。

 

小堀智弥の犯行動機の真意は一体、何であったのか?

小堀智弥の様に成人した男性が、年端もいかない幼女に声をかけて連れ出そうとする理由は、これまでの事件のケースをみると明らかに猥褻目的であるといえる。

 

これらは心理学的にいうと『ロリータ・コンプレックス』にあたるものであるのだが、時折、例外があったりする。

 

それは単純に自分を受け入れてくれる同世代の女性がいないという孤独感や寂しさによるものである。

 

そこには性的な興味や関心があるということではなく、単純に一人ではないという気持ちになりたいが故の悲壮感を取り払いたいという欲望のみが、それをさせるわけだ。

 

しかし、それならば女児でなくてもいいわけであるといえば、それまでであるが、そうしたケースも少なからずあるということである。

 

だが、何はともあれ小堀智弥のしでかした行為は、紛れもなく犯罪行為にあたり、忌むべきものである。

 

幸いなことに声をかけられた女児に何らかしらの被害があったということでもないので良いわけであるが、こうした犯罪はどれだけ世の親たちに不安や恐怖という重圧を与えるかというのを、しっかりと罪を償う上で理解して欲しいものである。

 

おわりに

小堀智弥の顔写真画像やFacebookの有無、犯行の動機などを考察してみた。

 

何はともあれ同世代の女性やそれよりも上の世代の女性に興味関心を持てないというのは、非常に男としては情けないといえる。

 

もしも単なる孤独感を埋める為の気持ちからくる犯行であったならば、それはそれで寂しい青春時代をおくっているという証明であり、哀れであるとはいえる。

 

しかし、ならばその意識を、より男を磨くという方向に使えば、未来は明るいものになるといえるのだが、それに気づかないからこそ、こうした犯行をおこしてしまったのだろう。

 

Sponsored Link