小林麻央がブログ KOKOROの
最新5月記事で、現在の病状を赤裸々に告白。

 

かつて熱が39℃を超えて、
ファンの不安と関心をひいたこともあるが、
それ以上の高熱を出していることに注目だ。

 

ポート埋め込みの手術も終わったということは、
退院の可能性も高まったと思えるが・・・。

 

Sponsored Link

小林麻央のブログ KOKOROの最新5月の概要

小林真央がブログ KOKOROに
久々のアメンバー限定記事【課題】を投稿し、
多くのファンの関心をひいたのは最近のこと。

 

翌日の2017年5月11日、
そして5月最新記事の熱では、
現在の病状がどういったものかを
ファンに向けて報告しているのだ。

 

そして、それは一部の読者や
ネットユーザーの思惑を覆すものになると考えられるものだ。

 

ポート埋め込みは何を意味している?

小林麻央はブログ KOKOROの5月最新の記事で
【ポート】と題して、手術内容を記している。

 

鎖骨下の血管に点滴の際に使用する
ポートを埋め込むという手術であり、
これがあると体内に栄養や薬物などを供給する
点滴の種類の幅も広がるということだそうだ。

 

ポート埋め込みを無事に終えた小林麻央は、
言わば闘病における自分の身体を
カスタマイズしたといってもいい。

 

以前、点滴に使用していた血管は
既に度重なる施術により、ボロボロであるようであった感がある。

 

それに対抗するべくして望んだポート埋め込み手術。

 

これはいかなる状況においても、
迅速に対応出来るようにということに他ならないと見える。

 

身体に異変が生じたときには、
例え自宅にいても、より高栄養を誇る
点滴を体内に取り込めるわけだ。

 

つまり、現在、既に退院を
見こした施術をしているということである。

 

熱が安定したら退院の可能性が大?!

小林麻央はポート手術の報告と具体的な手術内容を報告。

 

同時に5月最新の記事には
体温計で測った熱の数値と近影を
写真画像に掲載している。

 

熱は40度と、かなりの高温であり
小林麻央の身体の中では、本人が意識出来ない
生命活動が行われていることを示唆している。

 

しかし、当の小林麻央の表情は
どこか快活な印象があり、ファンの反応は
『可愛い!』とか『美しい!』という声に満ち溢れている。

 

そう、熱が高まっていることは、
実は好転反応の可能性が極めて高い。

 

ガン細胞は実は極めて熱に弱いのは、ご存じだろう。

 

高熱を起こす身体というのは、
生命力がまだあることを表しているわけだ。

 

もしも、熱が上がらないという身体であるならば、
既にがんに倒されているのだから。

 

おわりに

小林麻央のブログ KOKOROの
最新5月に更新された記事は、
非常に明るいものであると言える。

 

ポート手術と熱が高まるという様な内容は、
ただそれだけを見れば普通ではない。

 

しかし、生体反応をしっかりと起こしていることは、
紛れもなく小林麻央の強い意志とファンの言葉によるエール、
そして病院側の懸命の施術によるものだ。

 

そしてそれに加えて、
ありとあらゆる懸念や憶測が乱れ飛んでいるが、
ブログを更新しているという事実は
間違いない結果として出ている。

 

それは即ち小林麻央の気力は
以前に比べて増しているいるわけで、
再び退院し自宅に戻れることを
暗に匂わしているということになるだろう。

 

Sponsored Link