小林麻央がブログに最新画像を掲載している。

 

最新記事【楽しみの入浴】では、
笑顔を作り読者やファンに近況をアピールしている。

 

が、そんな小林麻央の表情には
陰りがある印象を持つユーザーがいるのだ。

 

ナースに余命宣告されたというデマまで、
ネットで流布しているのは、どういうことなのだろうか?

 

Sponsored Link

小林麻央の余命が間近と言われたブログ画像

 

小林麻央の余命が
間近と言われている感がある。

 

最新のブログ記事で見せた
小林麻央の表情や印象は、確かに目は窪み、顔色も良くはない。

 

笑顔を浮かべてカメラに
堂々と向かい合っていても、どこかその表情は堅い。

 

おそらくは身体全体、苦痛に溢れており、
顎の状況もあまり良くないことが伺える。

 

余命が間近と囁かれても、それは致し方が無いのか・・・
と、感じる部分もあるが、それは違うとすぐに判断できる。

 

小林麻央の余命が未だに尽きない理由

小林麻央のブログで見せた上記の画像であるが、
確かに鼻チューブをつけて、その堅い表情は
悲壮感が漂うと感じる人間も多いかもしれない。

 

だが、以前、散々、余命は年内とか、
余命は三カ月とか言われていたあの頃。

 

それと比べて、顔の肌艶はピンク色であり、
今は作り笑いとはいえ、顔の筋肉を自在に動かせるというのは、
まだまだ病気と戦える証拠である。

 

何よりもブログ更新は4月と比べても、
圧倒的に多く、以前にも増して記事のボリュームは多い。

 

在宅医療の効果が徐々に出始めて、
だいぶ負担が少なくなったことの表れと見ているがどうだろう?

 

小林麻央がナースに余命宣告されたというデマ

とんでもないデマが
ネット内の一部のメディアにもたらされている。

 

それは小林麻央がナースに余命宣告されていた
と、いう根も葉もないデタラメである。

 

続々とブログ上で明かされるがん転移の多さと、
年齢が若い分、顎にまで転移したという事実。

 

この間の退院が、あまりにも
突拍子無く強引だった印象があるということ。

 

これらの事から、実は小林麻央が
現在、余命宣告された上に、家族との最後の営みと
終末医療に望んでいるということだ。

 

確かにブログ上で、身体の至る所に
がんが転移していることは報告されている。

 

が、ブログの何処を見ても、
余命宣告されたとは一言も書いていない。

 

現在の小林麻央ならば、
例え医療関係者に余命宣告を受けたとしても、
それを嘘偽りなくブログ上に書くだろう。

 

何故ならば、小林麻央自身、
自分の書き綴ることが、自分だけではなく、同じがん患者や
ファン、読者に力を与えるものであると自覚しているからだ。

 

そう思いたい。

 

思い込みや、ブログ上で見せる画像だけで
判断する無責任な人間も多いのも否めない。

 

デマを流している真意は、
薄々は分かるものの、それはここには記載しない。

 

どんな人間で、どんな思惑があったとしても、
情報発信の上では平等でなければならないからだ。

 

おわりに

小林麻央の現在のブログに
貼り付けられている近影の画像は、確かに
一目みれば余命が迫っている表情に見えないことは無い。

 

だが、余命宣告という
デマに関しては、呆れ果てるばかりである。

 

そもそも、2016年、小林麻央が
ブログ KOKOROを開設する以前に、旦那の市川海老蔵が
ナースにではなく医師から余命宣告を受けている。

 

それから既に一年過ぎようとしている現在を見ていれば、
全くそんなデマには根拠も説得力が無い
と言えるのではないだろうか?

 

Sponsored Link