小林麻央のブログ KOKOROの最新記事で目をひくのはカモミール。

 

そしてファンや読者には非常に辛い告白をしていることも話題となっている。

 

満身創痍の小林麻央が気にしている口内炎などの症状について触れてみよう。

 

Sponsored Link

小林麻央のブログ KOKOROの最新記事・カモミールの無視できないフレーズ

小林麻央のブログ KOKOROの6月最新記事【カモミール】。

 

この記事の内容では6月10日は身体の痛みで七転八倒していたことを告白。

 

そして、座薬によって多少、痛みを軽減できたことを述べている。

 

座薬は肝臓を経由しないでダイレクトに直腸で吸収される為に、その効果が高いのはあまり知られていない。

 

あとは肛門から直接、投与するという行為そのものに抵抗が多い人間が多いので、服用と比べて注目されないのも致し方が無い。

 

もう一つ、気になるところは口内炎である。

 

小林麻央のブログ KOKOROで綴った口内炎とは?

小林麻央が現在、悩まされている口内炎。

 

我々も一度は口内炎が口腔内に出来たことで、不快な気分を味わったことはあるだろう。

 

がん患者が直接的に悩まされる症状で、特に知られているのが口腔内に出来る口内炎の発症だ。

 

口内炎が出来る要因は大きく分けて二つある。

 

それは【原発性口内炎】と【症候性口内炎】の二つだ。

 

前者は口の中を不潔にしていたり、ウイルス(ヘルペス)に感染してしまったことで起きる直接的なもの。

 

後者は病気などによって、免疫力の低下、栄養失調などによって起きるものである。

 

小林麻央に場合は明らかに後者であり、口内炎の不快感を和らげる為に行っている処置がカモミールをつかったうがいなのだが。

小林麻央のブログ KOKOROのカモミールうがいの効果は?

小林麻央がブログ KOKORO内でお気に入りとして綴っている【カモミール】を使ったうがい方法。

 

カモミールはキク科植物であり、ハーブの一つとして人気が高いものであり、その効能は以下の通りだ。

 

・鎮静効果が期待される。

・発汗作用を体内に促すことが出来る。

・消化促進作用がある。

・消臭効果が抜群である。

・睡眠を引き起こす効果がある。

 

古代からカモミールのこうした効能から、民間薬として親しまれており、現在も非常に人気の高いハーブ草である。

 

ハーブの使用方法は人によって様々だ。

 

煎じて飲む人間もいれば、香りだけを嗅いで作用を狙う人間、成分を抽出して服用するものなど。

 

小林麻央の場合は直接的にはカモミールのうがいで、自身の口の中に出来ている口内炎を改善させることは出来ないだろう。

 

そもそも、口内炎が出来る原因がちがうからだ。

 

しかし、精神的にカモミールのうがいが楽しみであるとしているので、間接的にストレス軽減の効果があると言えよう。

 

口内炎の原因には心因的なストレスも実はあるので、これが無くなるのであれば改善の可能性もある。

 

おわりに

小林麻央のブログ KOKOROの最新記事のカモミールも、見ようによっては衝撃的な内容であった。

 

全身にがんが転移している状態では、どんな些細なことも苦痛を引き起こす要因となりえる。

 

だからこそ、カモミールをつかったうがいなどで口内炎を和らげることも、非常に重要な方法の一つであると言える。

 

何にせよ苦痛はストレスになるが、それを取り除くことが最大の急務といってもいいのではなかろうか?

 

Sponsored Link