小林麻央のブログ KOKOROである人物が紹介されたことが話題に。

 

アメンバー限定記事のタイトルにもなっている桂由美とドレスというキーワードが非常に目を引く。

 

果たして桂由美とは何者なのかをメインに見ていこう。

 

Sponsored Link

小林麻央のブログに登場した桂由美とは?


写真左の貴婦人が桂由美である。
【名前】 桂由美(かつらゆみ)

【本名】 結城雄美子(ゆうきゆみこ)

【生年月日】 1932年4月24日

【星座】 おうし座

【年齢】 85歳

【出身地】 東京都(当時は東京府)

【学歴】 共立女子大学

【所属】 株式会社ユミカツラインインターナショナル

【デビュー】 1964年

 

桂由美は大学卒業後、フランスへ留学しデザインを学んだ。

 

1964年からブライダルファッションデザイナーとして活動を開始し、1972年に日本の官僚である結城義人と結婚した。

 

1990年12月3日に旦那の結城義人が他界。

 

現在は一般社団法人全日本ブライダル協会会長であり、世界を股にかけてブライダルコンサルト活動をし、自身のウエディングに関わるグループのトップとして活動している。

桂由美のドレスは世界的に評価が高い

桂由美は世界的に名の知れたウェディングドレスに特化したデザイナーである。

 

彼女が一番、大事にしているコンセプトは花嫁となる女性を世界で一番、美しく輝かせるドレスを作ることであるという。

 

日本のブライダルファッションの先駆者的な存在であり、世界20か国でブライダルショーをし、各国から賞をもらうほどの実績があるのだ。

 

桂由美のドレスを扱っている店舗は日本だけではなく、パリやニューヨークにも展開しているのだ。

 

小林麻央のブログのアメンバー記事とドレス

小林麻央のブログ KOKORO・最新記事は2017年6月8日の朝に更新された。

 

6月2本目のアメンバー限定記事として投稿された内容と、続いて時間をおいて投稿された【ドレス】の内容はほぼ一緒である。

 

何が違うのかといえば、娘の麗禾ちゃんが桂由美のドレスを着た際に撮られた写真画像の顔部分に修正が施されているか、否かの違いのみである。

 

つまりアメンバー限定記事のドレス内容では、麗禾ちゃんの素顔が拝見出来るということだ。

 

かつて、小林麻央は市川海老蔵と結婚した際には、桂由美のドレスを来て披露宴を行ったという。

 

いつか娘の麗禾ちゃんも同じ様に結婚する時が来る為に、その時のイメージを今のうちに湧き上がらせたかったのだろう。

 

おわりに

小林麻央のブログ KOKOROで紹介された桂由美とドレスの話は非常に考えようによっては切なくなる。

 

アメンバー限定記事では素顔の娘がドレスをまとっている姿が投稿されていることからも、ファンや読者にとっては涙無くしては見れないだろう。

 

麗禾ちゃんが結婚し、ドレスを着るのは早くても10数年後になる。

 

願わくば、そこまで小林麻央も桂由美も生きて、想いを託している娘の晴れ姿を見て欲しいものだ。

 

Sponsored Link