小林麻央の入院先はどこなのか?と、気になっているファンは多い。

 

入院している病院は現在、判明しているわけだが、知ってどうするのだ?という声もあるだろう。

 

小林麻央が奇跡の復活をすることを願うファンが、陰ながら応援したいが故の気持ちなのだろうが・・・。

 

Sponsored Link

小林麻央の入院先

小林麻央の入院先として、ファンの間で囁かれていた病院はいくつかある。

 

まず9月に小林麻央の入院先として挙げられていたのが、港区赤坂にある【山王病院】。

 

病院でありながら、高級感あふれる作りになっており、あらゆる著名人が病気にかかり入院する際に、利用されるとして有名だ。

 

入院患者も病院内のプライバシー漏洩に対する注意をよく守っており、外部からの奇異な野次馬もここならば、しっかりとシャットアウト出来るだろう。

 

しかし、山王病院には現在、小林麻央は入院していないと思われる。

 

小林麻央はステージ4の乳がんであり、非常に有名な人間なので、かなりの回数、病院を移転しているのだ。

 

小林麻央の9月の入院先

小林麻央は9月末の時点では【聖路加国際病院】に入院していたという。

 

ここはかねてより、セレブ御用達と言われており、海外からの有名人も利用する程の病院であるのは良く知られている。

 

1日の個室の入院費が10万円以上もかかるということから、一般人が入院出来るようなレベルの病院ではない。

 

なぜ、ここに小林麻央が9月末に入院していたのかと言えば、旦那の市川海老蔵のブログからだ。

 

市川海老蔵は更新したブログ記事の中で、こうつづっていた。

病院帰りに築地で朝ごはんをたべた

聖路加国際病院は築地に近いわけで、同じ中央区。

 

そして、市川海老蔵や小林麻央クラスの芸能人ならば、聖路加国際病院の入院費も負担にはならないことから、9月時点の入院先はここであるという意見が多数だった。

 

しかし、更に小林麻央は入院先を移したことが分かっている。

 

小林麻央を取材した女性週刊誌の記事で既に転院していることが報道されていた。

 

ならば、小林麻央の10月現在の入院先はどこなのだろうか?

 

小林麻央の10月現在の入院先の病院

女性週刊誌の報道記事では、小林麻央が転院した病院についての詳細が書かれていた。

 

それによると・・・

・都心のB病院

・著名人も多数通う大病院

・セキュリティーも万全

・低侵襲治療でトップクラスの実績

都心には病院など腐るほどあるわけで、著名人が来院する病院も多い。

 

セキュリティーが万全なのは当たり前の話であり、それが無ければ病院ではない。

 

しかし4番目のヒントともいえる記述が現在の小林麻央の入院先を判明させたわけだ。

 

 

小林麻央の10月現在の入院先が判明!

低侵襲治療でトップクラスの実績ということになると、新宿区にある【慶応義塾大学病院】しかありえないわけだ。

 

新宿区は紛れもなく都心であるし、この病院にはかつて石原裕次郎や大物政治家たちが利用していた病院であることが分かっている。

 

そして、当然のことながら、セキュリティーも万全であり、特別のVIP専用ともいえる個室も完備されているのだ。

 

このことから小林麻央の現在、10月時点の入院先は【慶応義塾大学病院】である可能性が極めて高いのだ。

 

だが、予断を許さずに、多くの人間の関心を引く小林麻央。

 

今月、もしくは来月中には、再び別の病院へ転院するという可能性も充分に考えられる。

 

 

関連記事

↳ 小林麻央に関連するコンテンツリストはこちらのリンクから

 

Sponsored Link