小林麻央の余命に関わる情報として、
最新の見方が伺えるのが4月の状況だ。

 

ブログKOKOROの4月2日の投稿には、
咳が止まらないという症状を告白している。

 

肺転移を起こしていることと踏まえて、
小林麻央の顔には変化が見て取れるのが、お気づきだろうか?

 

Sponsored Link

小林麻央の咳が止まらない理由は肺転移の影響

小林麻央は乳がんのステージ4であると供に、
骨や肺にも転移していることを告白している。

 

この場合の肺転移は血液中にがん細胞が流れ出して、
血管を通って肺に着いたことで、
がんが肺の中で増殖を開始したものだ。

 

これは転移性肺がんというものであり、多くは2つのタイプに分かれる。

 

一つは肺の上部の端の方にがん細胞が着き、
増殖を開始する【末梢型肺がん】。

 

もう一つは【中心型肺がん】と呼ばれているもので、
リンパ管などを通って、肺の中心にがんが巣食うタイプ。

 

小林麻央が咳が止まらないという
4月2日のブログ KOKORO【ポニー】でつづった内容は、
おそらくは後者の【中心型肺がん】の症状に
合致すると思われる。

 

がんが肺転移した場合の
主な症状としては以下のようなものが挙げられる。

 

が出たり、止まったりする断続的な症状。

が締め付けられる様な痛み。

しゃがれた声になる変化。

血痰が出るようになる。

がんの影響で肺に水が溜まり、呼吸がしづらくなる。

 

おそらくは、咳が止まらないという症状だけではなく、
他の症状も併発していたと思われるが、
敢えてそれを書かなかったのは
ポジティブな気持ちをもち続ける為だろう。

 

その証拠に咳が止まらないという
ブログ記事の後には海老蔵とのやり取りを書き綴っている。

 

言わば、それすらも笑いに変えることで、
自分の中に巣食うがんを倒そうとする気概が伺える。

 

小林麻央の余命は4月と言われなくなった?!

月が変わる度に恒例となっているかの様な、
小林麻央の余命は〇〇月?!と、いった声や心なき投稿の数々。

 

某巨大掲示板などでは、
月末や新しい月になる度に、
余命に関しての書き込みで埋め尽くされていたわけだ。

 

しかし、3月のはじめの方から、それはあまり目につかなくなった。

 

それもその筈で、
小林麻央は心なき人間のあらゆる悪意のある憶測や、
騒ぎを望む一部の人間の期待を破るかの様に、
奇跡を起こし続けているのだから。

 

中にはこんな揶揄も出る始末だ。

・小林麻央は本当はがんじゃない。

・ブログ書くだけでウン百万円だもんな・・・

・女子アナやっているよりもおいしい。

・もう飽きた。

・〇ぬ〇ぬ詐欺だ(過激な為、一部、修正)

などという小林麻央の活動を
否定するかの様な書き込みや投稿の数々。

 

小林麻央もこういったことは周知のようであり、
ブログ上ではこんな心境もつづっている。

もちろん弱っている日はありますがそればかりではない
日常を書いていくことでえ?  まだ生きてたの? と数年後にも言われたいです笑

と、書いているのだ。

 

余命を着実に伸ばしており、
多くの声援の中で、段々とその単語がネット上から消えていく。

 

これは紛れもなく小林麻央の生に対する
ひたむきな姿勢が表れている証拠といえよう。

 

小林麻央の余命は顔の表情で判別できる?!

小林麻央に変化があったのは、何も余命だけではない。

 

2017年3月末に撮られた
現在、一番、最新の小林麻央の顔の
近影をみて気づいた方もおられるだろう。

 

この目の輝きと顔の肌色の濃さは、
どうあってもステージ4の余命が
危ぶまれているがん患者のものとは思えない。

 

ブログ KOKOROの4月4日の酵素風呂で
アップロードした画像は、非常にカメラから小林麻央までは遠かった。

 

なので、光の加減で顔は真っ白く写ってしまっていたが、
2016年9月のあの衝撃的な顔の状態と、
現在の顔の状態の差は歴然としている。

 

この目の輝き方は素晴らしい
回復ぶりを見せていることに他ならない。

 

2016年内に余命が潰えるといっていた人間の予想を覆す、
小林麻央の回復ぶりには素直に拍手を贈りたいくらいだ。

 

おわりに

小林麻央の余命ということを、
テーマに最新情報を織り交ぜながら考察してみた。

 

4月2日の咳の記述に関しては、
2016年の忌まわしき肺転移という言葉が、
ふと思い浮かんだ方も数多いだろう。

 

しかし、現在の小林麻央の顔の表情を見れば、
奇跡に向かっていると思えないだろうか?

 

Sponsored Link