桐生祥秀が日本人初の9秒台を出したことで、注目されている。

 

そんな桐生祥秀であるが韓国人という噂が浮上しており、嫌いという人間も多いようだ。

 

果たしてこの噂が本当なのかを、桐生祥秀の経歴や高校、更には彼女の存在に至るまで調べてみた。

 

Sponsored Link

桐生祥秀について

画像引用:yahoo.co.jpより

【名前】 桐生祥秀(きりゅうよしひで)

【生年月日】 1995年12月15日

【星座】 いて座

【年齢】 21歳

【出身地】 滋賀県彦根市

【血液型】 O型

【学歴】 東洋大学

【所属】 東洋大学

【デビュー】 2013年

 

桐生祥秀は元々はサッカーに勤しむ少年であり、地元、彦根市の選抜チームに所属していたが、中学校進学の際、陸上競技に転身。

 

兄の勧めもあって、サッカーで養った俊足を活かせるスポーツは陸上が一番という先見の明からであった。

 

その身体能力は高く、中学3年の時に200m中学陸上記録歴代6位のタイムをはじき出す活躍を見せるものの、腰痛と肉離れなどに悩まされて、1位を逃す。

 

桐生祥秀は高校時代から頭角を現す。

桐生祥秀は京都の私立・洛南高等学校に進学。

 

洛南高校に進学後の初期は不遇な時を過ごすものの、徐々に頭角を現し、高校1年生の終わりに日本ユース選手権100mに出場し、3位。

 

高校2年生の頃には京都府高校春季大会200mで高校歴代9位タイ、高校2年生において歴代2位の記録を出した。

 

高校3年生の頃になると高校生初の新記録や日本国内の競技会において、記録を塗り替える躍進を遂げる。

 

更に数多くの大会に出場し、それまでの高校生記録を塗り替えた。

2011年
(高校1年)
10秒58(-0.2) 高1歴代9位タイ 21秒43(+0.9)  
2012年
(高校2年)
10秒19(+0.5) ユース世界最高記録
高2歴代最高
当時高校記録
当時ジュニア日本記録
20秒70(-0.4) 高2歴代最高
2013年
(高校3年)
10秒01(+0.9) 日本歴代2位
高校記録
ジュニア世界歴代3位タイ
20秒41(+0.5) 高校記録(当時)
日本歴代11位タイ(当時)

引用:Wikipediaより

東洋大学に進学し、同大学初のタイトルをもたらし、世界選手権の出場権を獲得。

 

その後、2017年9月9日には日本学生対校選手権にて、日本人初の100m9秒98を記録し、金字塔を打ち立てた。

 

桐生祥秀は韓国人なのか?

桐生祥秀が韓国人であるという噂がある。

 

確かに顔のつくりをみても、どこか日本人離れしている印象があり、韓国のスポーツ選手と似ている容貌。

 

しかし、桐生祥秀の両親は供に純日本人であり、彼は紛れもない日本人である。

 

桐生祥秀は韓国人だから嫌いという揶揄・・・

相変わらずネットは嫌韓の風潮に満ちているわけだが、それに伴い韓国人の血がはいっていて日本で知名度があると、必ず言われるのが『嫌い』という言葉だ。

 

が、桐生祥秀自身は、前述したように韓国人ではなく、日本人であり、単純に顔の作りが韓国人のそれと似通っているだけの話。

 

しかし、おそらく理由は韓国人に似ているというだけではなく、その陸上の能力の高さに嫉妬している一部の人間のやっかみが噂の根底にあると個人的には感じる。

 

日本人が日本を国旗を背負って活躍することを本来ならば応援して、称えなければならないのに、嫉妬というのは視野を狭くしてあらぬ噂を作り出すもの。

 

そんなことをしているようでは、本当に才能ある選手が伸び止むという悪循環が起きるわけだが、相変わらずこのようなことは業界問わずに行われているのだ。

 

桐生祥秀には彼女がいるのか?

桐生祥秀は高校時代から次世代の日本を担うランナーと期待が高まっているので、彼女がいてもおかしくはない。

 

女性という人種は、目立っていて更に有名な強き男性に弱い傾向があるもんだ。

 

しかし、桐生祥秀に浮ついた噂は現在のところ発覚などはしていないが、ネットなどの情報では、同じ陸上選手の土井杏南の名前が挙がっている。

画像引用:spotivaより

土井杏南は桐生祥秀とは大学が異なるが、同学年の女性陸上選手であり、記録ホルダーでもある。

 

桐生祥秀はかつてインタビューで

彼女(土井杏南)が自分よりいい順位だと、追いつこうと頑張れます。

と、コメントしていることからも、意識していることには間違いない様子。

 

あくまで彼女という関係ではないにしろ、ファンなどからはお似合いであるという意味もこめての噂なのだろうと感じる。

 

おわりに

桐生祥秀は高校時代から選手として覚醒したかの様に思える。

 

現在は韓国人であるという揶揄もネットでは一部において目立つものの、それはおそらくは嫉妬であり、ある意味、それだけ強いという証明の表れだ。

 

彼女が土井杏南というファンの期待を込めての噂も、現実化したのならば、これは非常に喜ばしい事であると陸上ファンなどは感じるのだが。

 

Sponsored Link