ハイスタの横山健がマギーと不倫していたことが、フライデーの報道により明るみになっている。

 

そんな横山健を支え続けている嫁の名前は梨津子(りつ子)であり、二人の子供がいるのだ。

 

ここでは横山健の嫁や子供に焦点を絞ってみていこう。

 

Sponsored Link

横山健について

横山健は1969年10月1日に東京都で生まれた。

 

成城高等学校を卒業した後の1991年に【Hi-STANDARD】を結成。

 

ボーカルとギターを担当しており、楽曲の殆どは横山健が手掛けている。

 

メンバー間の脱退などのトラブルに見舞われたものの、1994年にトイズファクトリーからデビュー。

 

1990年代後半から2000年代はじめの日本のメロコアを代表するバンドに成長した。

 

1999年にはトイズファクトリーから独立し、PIZZA OF DEATH RECORDSを設立し、横山健は代表として就任。

 

2000年にはうつ病などを患って、ハイスタの活動を一時的に休止するなどのアクシデントが起きる。

 

翌年の2001年には【BBQ CHICKENS】というバンドを結成し、デビューさせる。

 

2004年以降はソロ活動を精力的に行い、2011年に【Hi-STANDARD】は復活。

 

2016年2月にはもっとも優れたパンクロックアーティストに贈られる賞である【BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST】を受賞した。

 

横山健の嫁について

横山健は1999年、トイズファクトリーから独立し、PIZZA OF DEATH RECORDSを設立した年に、一人の女性に一目惚れ。

 

その後、恋におちて、交際をはじめる。

 

この女性は横山健よりも年齢は10歳下であり、名前を梨津子(りつ子)という。

 

2005年にりつ子が横山健の子供をお腹に宿したことで、結婚をしたことが明らかになっている。

 

横山健は後に自身のコラムで嫁の梨津子の性格などをつづっている。

 

それによると、嫁は非常に頑固でありながら、とてつもない大きな優しさを持っている女性と評している。

 

今どき珍しい昭和の賢母という感じなのだろうか?

 

破天荒で何よりもロックを優先させている横山健の様なアーティストの嫁ならば、その様な女性でなければ結婚生活を続けてはいられない。

 

そんな嫁のりつ子との間に出来た子供について、次は触れてみよう。

横山健の子供について

横山健には子供が二人いることが分かっている。

 

2005年9月9日に第1子の長男である楓太(ふうた)が誕生。

 

横山健と嫁の梨津子が結婚する切欠となった子供が生を受けた。

 

続いて4年後の2009年6月15日には第2子である次男の桃士(とうじ)が生まれた。

 

現在は二人の子供はともに小学生であり、楓太は小学5年生で、桃士は小学1年生。

 

横山健は子供の育て方について、過去にシンプルかつ昭和の父親の様な形で行っていることを明らかにしている。

 

それは、子供には自分の常識を押し付け、悪いことをしたら鉄拳制裁を加えて、教え込むという。

 

子供に手をあげたら、このご時世はすぐに虐待と揶揄されるが、そんな世論は気にしないと語っている。

 

が、そんな子供たちが思春期を迎えて、大きくなってから反対にぶっ飛ばされる覚悟も持っていると豪語。

 

そう語る横山健だが、実際には非常に子煩悩な父親であり、OFFの時は子供と非常に密接に関わっているのだそうだ。

 

マギーとの不倫のその後はどうなる?

ファンの間では横山健とマギーがただ一緒に居ただけで、不倫をしていると限らないという、フライデーの報道を否定する見方もある。

 

横山健がマギーと仮に不倫したとしても、離婚の可能性は無いと思われる。

 

横山健の嫁の性格からして、非常に懐が深いタイプであるし、子供もまだ小さい状態だ。

 

あくまで今回の横山健とマギーの不倫が事実だったとしても、多大なリスクを伴う離婚問題に発展することは無いのではないか?

 

関連記事

↳ 横山健とマギーの不倫をフライデーが画像スクープ!

↳ マギーと彼氏のオレンジレンジ・YAMATOとの結婚の可能性!

 

Sponsored Link