敬老の日は今から50年前に制定された国民の祝日です。

 

由来にはいくつかの説があるのですが、あまり祝日の由来を知りたがる方はいらっしゃらないようです。

 

ですが、紐解いて見ると、結構、感慨深く驚いたりするお話であったりします。

 

ここではそんな敬老の日の由来にまつわる歴史などを紹介していきます。

Sponsored Link

敬老の日は元々は名前が違っていた

門脇政夫
敬老の日の生みの親でもある門脇政夫さん

 

敬老の日は元は【としよりの日】という名前であり、祝日ではありませんでした。

 

としよりの日というのは、いささかストレート過ぎる名前ですが、これは真実なのです。

 

話は1947年(昭和22年)までにさかのぼります。

 

現在の兵庫県多可郡多可町は、元々は兵庫県多可郡野間谷村という名前でした。

 

当時の村長・門脇政夫さんが

 

『お年寄りの知恵を借りて町作りをし、そんな高齢者を大切にしよう!』

 

と、いう名目で、同年9月15日に【敬老会】を開き、その日を【としよりの日】に制定しました。

 

としよりの日から老人の日、そして敬老の日

 

としよりの日は発足当初は野間谷村でしか認知されていなかった民衆の特別な日でした。

 

ですが、野間谷村という小さな村の敬老会で起きた運動は、やがて兵庫県全体を巻き込んでいく事になります。

 

そして兵庫県民が9月15日をとしよりの日としようという大きな運動になりました。

 

1951年(昭和26年)に、中央社会福祉審議会が9月15日を正式に【としよりの日】にしたのです。

 

ですが、としよりの日というのは、知恵が多い年長者を敬う日であるはずなのに、その表現はいただけないという事で【老人の日】という言い方に変更されました。

 

兵庫県ではじまったことが全国に波及し、9月15日を特別な日として日本国民が認知したわけです。

 

が、ここで収まらなかったのは、老人の日を作り出した元の野間谷村の村長・門脇政夫さんとそれに続く村民の方々。

 

当時から祝日には1月の【成人の日】、5月5日の【こどもの日】は祝日として制定されていました。

 

そういった人の年齢を表す祝日があるのに、【敬老の日】というものが無いのはおかしいと国に働きかけたのです。

 

そして、1965年(昭和40年)に【老人の日】は【敬老の日】と名前を変えて、日本国民の祝日として正式に制定されたのです。

敬老の日の由来に関する異説

敬老の日1

兵庫県の門脇政夫さんが発足した敬老会が運動になり、敬老の日を祝日として定めたというのが由来ですが、実は他にも複数の異説があるのです。

 

異説の一つは岐阜県の名所である養老の滝にまつわるエピソードです。

 

知る人ぞ知る故事【養老孝子伝説】が敬老の日の由来に関わっているという異説です。

 

昔々、親孝行息子がお酒が流れる滝を見つけたわけで、働き者で真面目な息子が老人となった父親に、たらふく好きなだけ養老の滝から溢れ出るお酒を飲ませてあげたという伝説です。

 

この伝説を今から1300年前の日本の天皇・元正天皇がききつけて、現在の岐阜にある滝を訪れて、養老の滝と命名しました。

 

元正天皇が滝を訪れたのが9月中旬であったということで、9月のど真ん中の15日を敬老の日と定めたという異説です。

 

敬老の日には聖徳太子が絡んでいた?!

 

もう一つの異説はなんと聖徳太子が絡んでいるものです。

 

聖徳太子は大阪に四天王寺を建てた事でも有名です。

 

四天王寺と同じ時期に四箇院(しかいん)という建造物も建てました。

 

四箇院には敬田院、施薬院、療病院、悲田院の4つがあります。

 

これは現代でいうとお寺と病院と薬局と介護施設(老人ホームも含む)を一緒に運営していくのが四箇院の役割でした。

 

そんな四箇院が出来たのが9月15日だったとされるので、この日を敬老の日と定めたという説です。

 

まとめ

 

こうして紐解いて見ると、敬老の日の由来には様々な歴史が見え隠れしているのがよく分かります。

 

門脇政夫さんの敬老会の発足にしろ、養老の滝にしろ、聖徳太子の四箇院にしろ、そのどれもが日本の伝統的な思想でもある、【年長者を敬う】というものから来る、暖かい気持ちが国を動かし祝日を作ったというのが見て取れます。

 

やはり暖かい気持ち=愛情の成せる力は時にすごい波を巻き起こすものであると、しみじみと感じますよね。

 

関連記事

↳ 2016の敬老の日におススメのプレゼントを一挙、公開!

↳ 今年(2016)の敬老の日はいつ? 何歳からお祝いするの?

Sponsored Link