清原和博の現在は悲しみと途方に暮れている筈だ。

 

と、いうのも保釈後から 
常に一緒に行動してきた只一人の理解者と言える 
弟分A氏が不審死を遂げたからだ。

 

これに関して様々な説が飛び交っている 
昨今、自殺でも他殺でもなく 
事故死の可能性が浮上しているのだ。

 

Sponsored Link

清原和博の現在について


清原和博は2017年4月12日に 
愛知県稲沢市にいた。

 

保釈の時には運転手を務めてくれて、 
宮古島に同行し全てを賄ってくれた 
弟分A氏の葬儀のためだ。

 

涙にくれる清原和博の 
現在の心中は計り知れないものがあるだろう。

 

保釈時には、 
それまで逮捕前に周りにいた人間が全て離れていった中、 
唯一、弟分A氏だけが身の回りの世話をしてくれたのだから。

 

清原和博の弟分A氏は結局、何物だったのか?

そんな弟分A氏の正体だが、 
六本木のクラブを経営しており、非常に義理堅い人物の様だ。

 

清原和博が西部に在籍していた頃からの知人であり、 
かつて清原和博に数々の恩を受けていた間柄なのだ。

 

しかし、弟分A氏は一般人ではなく 
堅気の人間では無かったことが分かっている。

キヨさんが立ち直って、一人でも生きていけるようになったら、キヨさんの側から離れようと思っています。

僕は地下格闘技にも関わっていたし、僕みたいな人間が周りにいると、またキヨさんのイメージが悪くなっちゃうでしょ?

引用:フライデーより

地下格闘技というのは、 
一般のジムなどでは相手にしてもらえない半グレと言われる輩や、 
喧嘩自慢を集めて戦わせるイベントだ。

 

この元締めは暴力団が関わっていることが多く、 
チケット代を吸い上げる形で金を稼ぐ、 
あちら側の資金源の一つと言われている。

 

そうなると、 
弟分A氏は六本木という一等地にバーを構え、 
地下格闘技にも関わっている人物なので、 
やはり正体は極道であった可能性が高いのだが。

 

清原和博の弟分A氏は自殺ではなく事故死の可能性も・・・

清原和博の弟分A氏は 
2017年4月8日に経営するクラブで 
お客と一緒に飲んでいたという。

 

泥酔し帰宅したあとから連絡が取れなくなった為に、 
弟分A氏の交際相手が港区の自宅マンションに行ってみると、 
何と首を吊っていたという。

 

弟分A氏の前日の様子は 
とても自殺する様子では無かったと言う証言がある。

 

美容院でパーマをかけたりしていたそうで、 
とても自殺を考えている人間がとる素行では 
なかったのだそうだ。

 

どの様な形での亡くなり方なのかは定かではないが、 
某ミュージシャンの様に自殺に見えるが、 
実は事故死であるという結論になった例もある。

 

と、いうのも弟分A氏は 
以前から睡眠薬を服用していないと眠れなかった様で、 
お酒を飲んだ状態で服用することもあったという。

 

首を吊るという不自然な行為は、 
それを意識していないと出来ないが、 
8日の弟分A氏はとても関係者の証言から見ても、 
正常な状態ではなかったと思える。。

 

一部では弟分A氏は堅気ではないから、 
消されたという噂も出ている様だが・・・。

 

おわりに

清原和博の最大の理解者であり、 
親友という間柄でもあった弟分A氏の不審死。

 

現在も警察がその裏側には 
何があったのかを捜査中であるが、 
果たして本当に自殺だったのだろうか?

 

清原和博の保釈後の全てを知っている 
弟分A氏の突然の死は 
大きな波紋を呼んでいると言える。

 

Sponsored Link