加藤登紀子は往年のシンガーソングライターで、
波乱万丈な人生を歩んでいることで知られている。

 

夫とは獄中結婚をし、
娘を3人もうけて次女のYaeは
歌手として活動している。

 

非常にドラマチックでありながら、
現在も尚、精力的に活動を続けている
名シンガーを紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

加藤登紀子について


【名前】 加藤登紀子(かとうときこ)

【生年月日】 1943年12月27日

【星座】 やぎ座

【年齢】 73歳

【出身地】 満州国・ハルビン

【血液型】 O型

【学歴】 東京大学文学部

【所属】 トキコ・プランニング

【デビュー】 1966年

 

加藤登紀子の父は南満州鉄道に勤務していた為に、
家族は彼の地に渡っていた。

 

生まれは満州のハルビンだが、後に京都に戻った。

 

大学生の頃にシャンソンのコンクールに
優勝したことから、1966年にレコードデビューを飾る。

 

抜群の歌唱力で第8、11、13回日本レコード大賞を受賞。

 

1972年に藤本敏夫と結婚したのち、
子供を身籠った為に芸能活動を休止。

 

産休明けに再び歌手活動を再開し、
その後、女優として映画、ドラマに出演するようになる。

 

1992年には声優デビューも果たしている。

 

また世界的な慈善活動にも参加しており、
マルチな活動を現在も尚、続けている。

 

加藤登紀子が獄中結婚した夫について

加藤登紀子の夫は藤本敏夫という要人であり、
学生運動の志士であった。

 

現在では考えられないが、
当時の大学生たちは日本を真剣に変えようと、
命を懸けていた。

 

加藤登紀子の夫もそんな志士であり、
同志社大学の学生でありながら、
【反帝全学連副委員長】を務めていた。

 

当然、警察からは
要注意人物としてマークされていた藤本敏夫は、
1972年4月に公務執行妨害で逮捕され、
懲役3年8ヶ月の罪で刑務所に送られた。

 

加藤登紀子とは既に
愛し合っていた仲であったが、周囲の人間は猛反対。

 

しかし、加藤登紀子の母親・淑子は2人の仲を応援し、
獄中結婚をしたのだった。

 

服役を終えた藤本敏夫は志士として
活動することは無く、1981年に
【鴨川自然王国】を千葉県に設立する。

 

1999年には食と農業をテーマにした活動が認められて、
農林水産省の関東農政局の諮問委員となる。

 

その3年後に加藤登紀子と供に
歩んだ波乱万丈の人生に幕を下ろした。

 

死因は肝臓がん。

 

そんな藤本敏夫を夫に、
加藤登紀子は娘3人に恵まれたのだ。

 

加藤登紀子の娘について

加藤登紀子は夫・藤本敏夫との間に3人の娘をもうけた。

 

長女は1972年に出産、
次女は1975年、1980年に三女をもうけている。

 

次女は歌手のYaeであり、本名は藤本八恵。

 

1999年にシンガーソングライターとしての活動をはじめて、
舞台女優デビューを果たしている。

 

後にポニーキャニオンからアルバムなどをリリースし、
メジャーでの活動もしており、
テレビ番組のタイアップ曲や出演などの実績もある。

 

現在は二児の母親でありながら、
父の藤本敏夫が設立した【鴨川自然王国】で多彩な活動をし、
加藤登紀子とも共演をしている。

 

おわりに

加藤登紀子の夫や娘に焦点をあててみたが、
波乱万丈の人生を送っていたが、
非常に幸福に満ち満ちた人生を送っていると言える。

 

類まれな歌唱力と楽曲を、
後に自然と平和を表現する為に使い、
世界を股に掛ける活躍をしている加藤登紀子は、
日本を代表する歌手の一人と言えよう。

 

現在も
まだ老いてますます盛んなその活躍ぶりは、
今後も必見である。

 

Sponsored Link