片岡鶴太郎が嫁と現在、離婚していることが判明している。

 

嫁との間には息子が3人いるが、果たしてその息子たちは何をしているのだろうか?

 

片岡鶴太郎の嫁との離婚理由なども紐解いて見ていこう。

 

Sponsored Link

片岡鶴太郎について


引用:kataoka-tsurutaro.comより

【名前】 片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)

【本名】 荻野繁雄(おぎのしげお)

【生年月日】 1954年12月21日

【星座】 いて座

【年齢】 62歳

【出身地】 東京都荒川区

【血液型】 O型

【学歴】 東京都立竹台高等学校

【所属】 太田プロダクション

【デビュー】 1973年

 

片岡鶴太郎は高校卒業後に俳優を志して、片岡鶴八の元に弟子入り。

 

浅草松竹の舞台に出演していたが、師匠の片岡鶴八が死去したことで大阪に移住し、隼ジュンの元に身を寄せて修行を積む。

 

その後、テレビデビューをするが、それは俳優ではなくお笑いタレントとしてだった。

 

だが、伝説のバラエティ番組【オレたちひょうきん族】でブレイクを果たして、売れっ子芸能人となる。

 

その後、ボクシングのマネージャーをし、念願の俳優デビューなども飾り、現在は画家やヨーギとしても活動しているマルチタレントである。

 

片岡鶴太郎が嫁と離婚していた!

片岡鶴太郎はまだ売れていない時期の1979年に所属していた劇団の座長の娘と結婚した。

 

智子さんという女性であり、片岡鶴太郎が当時、松山で活動していた時に劇団の照明係として働いていた女性であったという。

 

38年間の婚姻関係にピリオドが打たれたのは2017年3月。

 

既に2012年頃から嫁とは別居状態であったそうであり、おそらくはその切欠は片岡鶴太郎のヨガ中心の生活が発端と思われる。

鶴太郎のストイックな生活スタイルも、家族との穏やかな生活とは相いれない部分が多かったようだ。

テレビ局関係者は「とにかく芸術家肌なので、夢中になっているもののために好んで1人になろうとしていたところはあった」と話す。

引用:スポニチアネックスより

片岡鶴太郎と嫁の離婚理由について

片岡鶴太郎と嫁の離婚を報じたメディアは離婚理由についても言及している。

鶴太郎の知人によると、今年3月の離婚は家族間で話し合い、円満な形で決まったという。

理由については「すでに5、6年前から別居してました。3人の息子が成人したことと、夫婦が還暦を迎えたことで、それぞれ別の道を生きることにした結果と聞いてます」と話した。

引用:スポニチアネックスより

これは熟年離婚ということであり、残りの人生、お互いに親としての責任も果たし終えたから好きに生きようという前向きな選択であったということに他ならない。

 

そんな片岡鶴太郎と嫁との間に出来て、自立している3人の息子について続いては見ていこう。

 

片岡鶴太郎の息子・3人の現在は?

片岡鶴太郎の息子である長男の荻野貴匡は、かつて芸能活動をしており俳優であったが、現在はネクストグローバルフーズという飲食店を営む会社の代表であるそうだ。

 

俳優という職業を続けるよりも、より堅実的な道に進んだのは英断であったと言えるだろう。

 

次男は荻野綱久であり、ロックバンド【ILL】のリーダーとして音楽活動もしながら、現在は画家としても活動。

父の片岡鶴太郎と世界的デザイナーのコシノヒロコと供に合同個展を開くほどであり、一番、父の影響を受けているような印象がある。

 

三男は荻野聡士という名前であり、料理人を生業としているという。

 

メディアには長男や次男の様に露出は少ないが、旅番組【ふらり親子旅】に登場していたそうである。

Facebookなどで自身の作った料理などの画像を公開している様で、非常に美しい和食の様子がセンスの良さを感じさせる。

 

片岡鶴太郎の3人の息子は、それぞれ違った業界で非常に順調に過ごしているようだ。

 

おわりに

片岡鶴太郎が嫁と離婚していたという報道を機に、その理由や3人の息子などの詳細をまとめてみた。

 

言ってしまえば破天荒な父親である片岡鶴太郎を支え続けた家族であるが、現在は各々が非常に自分の人生を満喫出来ている様子が分かる。

 

熟年離婚というどこかネガティブな話題も、実はこうした暖かい家庭があったから故の一つの前向きな決断であったと言えるのではないだろうか?

 

Sponsored Link