梶芽衣子は現在、70歳を迎えても
凛々しい美貌を保ち続けている女優。

 

そんな梶芽衣子であるが旦那がおらずに、
現在に至るまで独身を貫いているのだが、
かつては婚約者もいたという。

 

梶芽衣子の若い頃の画像と
供に旦那のいない理由を紐解いていきましょう。

 

Sponsored Link

梶芽衣子について


【名前】 梶芽衣子(かじめいこ)

【本名】 太田雅子(おおたまさこ)

【生年月日】 1947年3月24日

【星座】 おひつじ座

【年齢】 70歳

【出身地】 東京都千代田区

【血液型】 AB型

【学歴】 私立八雲学園高等学校

【所属】 オフィスカネダ

【デビュー】 1965年

 

梶芽衣子は高校生の頃から芸能事務所に所属しており、
卒業後すぐに日活に入社し映画デビュー。

 

当時は本名の太田雅子で活動しており、
往年のスターである石原裕次郎や吉永小百合の脇を
固める助演女優として主に起用されていた。

 

初主演は映画【青春前期 青い果実】であり、
当時のスター・太田博之と供にW太田として売り出されていた。

 

大物女優にも決して退かない気丈な性格を撮影所内で見せながら、
その後の映画出演をこなし、1969年に梶芽衣子に改名。

 

その後、東映に移籍した梶芽衣子は
東映の大人気シリーズ映画【女囚さそり】に起用されて、
人気女優入りを果たした。

 

ドラマデビューも果たし、歌手としても活動、
現在はバラエティ番組にも度々、登場しており、
70歳を過ぎた現在でも若い頃と変わらぬ体型を維持している。

 

梶芽衣子が現在も旦那がいない理由がカッコいい!


梶芽衣子が生涯、独身を貫いている理由は、
実はかつて婚約をしていた男性との約束からである。

 

1972年に東映に移籍した後に主演として起用された
映画【女囚701/さそり】を撮影していた時には、
大手レコード会社で働くディレクターと縁談が進んでいた。

 

結納も済ませており、これを最後に女優を引退して、
旦那を支える専業主婦の人生をおくるつもりでいたのだ。

 

それは撮影スタッフも
関係者もみんな知っていることであり、承諾をしていたという。

 

ところが、映画が予想以上に大ヒットをしたために、
東映の名プロデューサーである岡田茂からじきじきに
『あと一本だけ』と懇願されたことで、続編に出演することに。

 

しかし、女囚さそりシリーズは大人気シリーズとなり、
梶芽衣子の好演も光っていたことから、
他のプロデューサーや関係者の説得を受け続ける羽目に。

 

結局、1973年12月末までのシリーズ4作品に
全て出演する運びとなってしまい、
縁談は破談となってしまったのだった。

 

梶芽衣子はこの時、26歳であり、婚約者のディレクターに詫びながら、
何でも条件を飲む』と告げると、
婚約者の男性はこう言い放ったという。

 

”『死ぬまで仕事をやれ、誰とも結婚するな。』”

 

この頃のことは梶芽衣子は
自身のブログ上でつづっており、当時の心境を振り返っている。

 

”『結婚という事柄にも直面しましたが、結局は仕事を選び、36年(2010年当時)になります。』”

”『不器用な私には仕事と家庭の両立は考えられませんでした。』”

 

と、している。

 

現在、旦那がいないのも、
そうした過去の婚約者との約束を
守り続けているといってもいい。

 

生涯一度だけ、結婚を決意していた
男性からの約束を守っているというのも、
何か凄くカッコ良すぎる生き方に思えないだろうか?

 

 

梶芽衣子の若い頃! 画像が柴咲コウと勘違いする人も?!

梶芽衣子の若い頃の画像は
現在の人たちにも評価が高く、魅力的にうつっている。

 

若い頃の梶芽衣子を観たいがあまりに、
昔の映画作品などを借りて褒めたたえる
根強いファンは現在で多い様子。

 

 

 

 

 

 

 

梶芽衣子の若い頃画像を見た人間の多くは、
柴咲コウにも似ているとして、その評判は高い。

 

梶芽衣子には娘がいるとネット上で囁かれているのも、
実は柴咲コウと似ており、隠し子なんじゃないか?
と冗談も出る位に似すぎている。

 

と、いうか顔が同じっていっても過言ではないくらいにであり、
何も知らない人間たちの前で『母と娘です。』と言っても、
みんな信じてしまうくらいにマッチしている。

 

梶芽衣子の現在についてのまとめ


梶芽衣子は現在に至るまで数多くの映画やドラマに出演しており、
近年ではバラエティ番組にも登場している。

 

現在の活動状況については、
特に歌手活動に重点をおいて活動し、
シングルを配信リリースしたり都内でライブを行うなどしている。

 

70歳という世間一般的には
おばあちゃんとなった現在でも若い頃とは変わらない
スレンダーな身体と容姿を維持し続けているというのも
注目を集めているのだ。

 

とりあえず70歳には見えないというのが正直な感想ではあり、
素晴らしい歳の取り方をしているといえる。

 

Sponsored Link