泉田純の死因が一部のメディアによって判明した。

 

当初、噂されていたものではないので、幸いファンにとっては胸を落ち着かせていることになるだろう。

 

泉田純は生前、アメブロに情報発信を展開していたことが分かっている。

 

そこには苦悩に満ちた心境が綴られていたのだ。

 

Sponsored Link

泉田純の死因が判明!

泉田純の死去が報道されてすぐに死因が伏せられていたことから、自殺の可能性が噂されていた。

 

詐欺事件に遭い、生活は著しく困窮していたことから、その様な噂がたちこめるのも仕方がないことだ。

 

が、東京スポーツが泉田純の死因を発表している。

泉田さんは1月31日に神奈川・相模原市内の自宅で遺体で発見された。

警察による検視の結果、死因は心筋梗塞で、死去したのは1月25日前後と推定されている。

すでに遺体は荼毘(だび)に付され、親族のみの密葬が営まれた。

引用:東スポWebより

往年のプロレスファンにとっては、もしも自殺であったならば、それは非常に心苦しく感じることであったろう。

 

だが、あくまで死因は心筋梗塞による病死ということが判明したことで、ホッと胸を撫でおろすところである。

 

泉田純のアメブロについて

泉田純は2010年8月からアメブロでひっそりと情報発信をしていた。

 

多くの芸能人や著名人たちの様に、広告収入が目当てではなく、あくまで自分の心境を落ち着かせるためだけに記事をかいていたようだ。

 

何故ならば一見すると、泉田純のブログであることは全くわからない。

 

一般のユーザーと何も変わらない様なデザインと読者数も増やしていない運営状態であったからだ。

 

更新は2012年8月で既に止まっており、当時からその心境は並々ならぬ重い状態であったことが伺える。

泉田純のアメブロ記事には・・・

泉田純の2012年3月12日の更新分には決意と題された投稿がある。

 

それは泉田純が詐欺事件をFlashに暴露するという決意が表れている。

 

それに続いてプロレス団体・ノアが何故、崩壊したのかを宝島社から発刊したという気持ちの表れも含まれている。

 

本来ならば、プロレスラーとして、苦楽を供にしてきた仲間のことを公にしたくはなかったのであろう。

 

しかし、生活は困窮を極めていた為に止む得ない判断であったと思われる。

 

非常に切実な生活模様が、他のアメブロ記事からも見て取れるのだが・・・。

 

おわりに

泉田純の死因が一夜明けて判明したことで、自殺という最悪の状態で旅立たれたということではないようなので、それは幸いだ。

 

アメブロの記事には何も生活の困窮などを吐露しているだけではなく、親しい友人や知人たちから支え続けてもらっている人間模様も掲載されている。

 

晩年は決して幸せとは言い難い泉田純であったと思うが、51年という早すぎる生涯を終えたことには、素直に『お疲れさまでした。』という言葉を送りたい。

 

Sponsored Link