板尾創路の嫁はかつて非常に話題になったことがある。

 

過去には子供もなくしており、
非常に辛い経験をされているわけであるが、嫁と結婚する以前には
何と子供と呼べる女性と関係をもち逮捕までされているのだ。

 

これらの理由は非常にショッキングな内容であるのだが・・・。

 

Sponsored Link

板尾創路の嫁について

板尾創路の嫁と言えば、真っ先に思い浮かぶのが
ダウンタウンの長寿番組【ガキの使いやあらへんで】で
共演していたシェリーさんだ。

 

実際には全く板尾の嫁ではないのだが、
見事にこれが定着して人気を博していた。

 

シェリーさんは2007年に出産の為に降板しているものの、
2011年に復帰しガキ使のSPに復帰を果たしていたこともある。

 

最近では全く見なくなったが、
その後の板尾創路の嫁と人気だったシェリーさんは不明である。

 

 

板尾創路の本物の嫁とは?

そんな板尾創路の本物の嫁は一般人であり、
全く顔社員画像などは明かされていない。

 

1998年に板尾創路は
一般の日本人女性と結婚し、二人の子供をもうけている。

 

亭主関白であるという噂通り、他芸人と違って板尾創路は
自分の嫁をネタにしたりせずに、その存在をベールに包んで隠している。

 

しかし、実は板尾創路と本物の嫁との間には、
非常に過酷で辛い現実があったのだ。

 

板尾創路と嫁との子供が死去していた・・・

板尾創路と嫁は2007年9月に長女の英美ちゃんをもうけている。

 

2012年には第2子の次女が誕生しているのだが、
子供の名前が長女だけが明かされているのも、深い理由がある。

 

実は2009年8月16日のPM23:00過ぎに、何と板尾創路と嫁の子供である英美ちゃんは、心不全によってあまりにも短い人生に幕と閉じたのだった。

仕事の前に英美のお墓に久しぶりに行った。相変わらず曾ばあちゃんの御蔭でお墓は花がいっぱいで掃除も行き届いていて感謝しなければと思う。

もうあと数日でポコは英美が生きた歳月に届く。変に意識しているのかドキドキする。

英美を越えて行くポコがお姉ちゃんを連れて一緒に大きくなり、ママとパパに英美の事も見せてくれるのかな、と思ったりする。

二人で一人、一人で二人。俺たち夫婦の大切な子供達。喜びも悲しみもあるがまま、咲くも散るも枯れるのも良し。

引用:板尾日記より

更には普段はマスコミなどの取材はあまりうけない板尾創路は、
この時ばかりは女性週刊誌の取材をうけて、
悲しみを吐露しているのだ。

長女を亡くした直後の僕を支えてくれたのは……やはり、奥さんです。

僕より彼女のほうがはるかにつらかったはずです。自分のおなかを痛めた子ですからね。

いまもそうですけれど、母親として、わが子を亡くした悲しみはけっして癒えることはないし、悲しいときは泣けばいい。

そのときは、慰めの言葉をかけるより、本当にそばにいてあげて、彼女が話をしたいときに聞いてあげる。それだけでいいと思ったし、何より僕が一生懸命仕事をしている姿を見せることが、彼女にとって、たぶんいちばんいいことだ、と思いました。

引用:女性自身より

子供を亡くして板尾創路自身も辛いであろうが、
何よりも嫁の方を気づかっているコメントは
涙を誘うものであると言えよう。

板尾創路の逮捕の理由は子供を相手に・・・

画像引用:Twitterより

板尾創路の子供などは、現在はどこか美談として語られている節もあるが、
それ以前にはなんと板尾創路は黒歴史と言える汚点もあるのだ。

 

1994年に何と板尾創路は中学3年生の女子に、
わいせつ行為を働いて逮捕されているというショッキングな一幕があった。

 

実際には板尾創路に対して、この中学3年生の女子は
18歳以上と嘘をついていたということであり、
当時、板尾創路は31歳という血気盛んなこともあって男女の関係をもってしまった。

 

だが、逮捕の理由は結果的に子供と寝てしまったことによるものとして、
処理されて板尾創路は逮捕されて、前科がついてしまったのだった。

 

しかし、先輩芸人であるダウンタウンの尽力などもあって、
いち早くに芸能界復帰を果たして、逮捕されたことによる信用失墜を
すぐに回復させて大手を振って活躍するに至ったのだ。

 

おわりに

板尾創路の嫁や子供についての不幸を紐解き、
過去の子供への行為を理由に逮捕されたなどの過去をまとめてみた。

 

あまりにも波乱万丈な生き方をしている板尾創路であるが、
それもそれで芸人らしいといえば幾分かは仕事冥利に尽きると言えよう。

 

現在は自分の子供ほど歳の離れたグラドルの
豊田瀬里奈との不倫スキャンダルが暴露されているが、
やはりいつまで経っても芸人は芸人らしく生きたいということか・・・。

 

Sponsored Link