北海道・標津町の【標津ふ化場】で、とんでもない事件が発覚。

 

同所で養殖されている
サケ200匹のお腹の中から、イクラが抜き取られたという。

 

大胆不敵でおぞましいとも言える、
この窃盗事件についての考察をしてみよう。

 

Sponsored Link

標津ふ化場でイクラ窃盗!

事件を最初に報じたのは北海道文化放送のニュースから。

11月20日朝、北海道標津町にあるサケのふ化場で数百匹のサケの腹が割かれ、イクラが盗まれているのが見つかり、警察が窃盗事件として、調べています。

20日午前8時30分ごろ、標津町川北の標津ふ化場の男性職員から「サケの腹を裂かれて、イクラを盗まれた」と110番通報がありました。

警察によりますと、ふ化場で育てていたサケ数百匹が刃物のようなもので腹を割かれ、イクラが抜き取られたた状態で、施設の周りに散乱していました。

メスだけを狙った犯行とみられ、警察が窃盗事件として、調べています。ふ化場に門はありましたが無施錠で、侵入防止用のフェンスはありませんでした。

その後の情報では被害にあったサケは200匹であり、
事件発生後のふ化場周辺は、とてつもなくおぞましい状態であったと思われる。

 

犯人は特定されていないわけだが、イクラが何故、盗まれたのか?

 

そのイクラはいくらで売れるのか?

 

販売ルートなどを考察することによって、
疑わしき人物が見えてくるのではないかと感じるので、それを考察してみよう。

 

盗まれたイクラの末端価格

今年はイクラの値段が高騰しているのだ。

 

と、いうのも2016年秋は例年に比べて、
サケが不漁であることに付随して、
そのお腹に宿っているイクラもとれないことが原因。

 

東京・築地の冷凍イクラの平均卸売価格は、今月の段階では1kg=¥7000-である。

 

これを参考に計算してみると、標津ふ化場で盗まれたイクラは約96kg。

 

卸売り価格にして、¥672,000-となる。

 

卸売価格とは小売価格のことであり、
麻薬の様で言葉は不適切だが、末端価格にして
70万円近い価格になるわけだ。

 

しかし、イクラの様なナマものを盗んだならば、
早急に捌かなければいけないだろう。

 

が、窃盗品を安易に売りに出せば、たちまち犯人側は足がつくわけだ。

 

販売ルートは果たしてどの様なものになるのだろう?

 

標津ふ化場から盗まれたイクラの販売ルートは?

当然、仲買業者などに持ち込んだりすれば、
これだけの大騒ぎになっている以上は、すぐに露見してしまう。

 

だと、すれば、すでに商店を営んでいる個人店の主が
犯人である可能性があるのではないだろうか?

 

密漁などの事件で逮捕された過去のケースでは、
こうした個人店の魚屋の主が犯人であったことが多い。

 

しかし、どんな物にも当てはまることではあるが、
盗んだものを買い取り、安く捌くといった裏ルートは
業界には少なからずあるものだ。

 

もしかしたら、今回の標津ふ化場のサケ200匹から盗まれたイクラは、
そうした裏ルートを経由して、我々、消費者の口に運ばれているのかも知れない。

 

まとめ

今年はサケがとれないということで、サケ単体やイクラの値段が上がっている。

 

そうなると、必然的にそこには儲けのチャンスがあるということでもあるのだ。

 

夜中にふ化場に忍び込み、200匹のサケからイクラを盗む。

 

これだけで70万円近い稼ぎになるのであれば、犯人からすればおいしい犯行なのだろう。

 

が、考え方を変えてみると、
たった70万円の為に犯罪をおかすというのも、どうかと感じるのだが・・・。

 

Sponsored Link