市川海老蔵の息子である
勸玄くんの話題で盛り上がっている現在。

 

しかし、市川海老蔵にはかつて隠し子がおり、
その相手である日置明子やかくしごの
今にも注目が集まっている側面がある。

 

果たして現在のもう一つの家庭との
関係はどうなっているのかを見ていこう。

 

Sponsored Link

市川海老蔵には隠子(かくしご)がいた!

市川海老蔵は高校生の頃から
交際している女性がいたという。

 

17歳の頃から付き合い始めて、
4年後の2001年に交際女性は妊娠したのだ。

 

交際女性で隠子(かくしご)の母親については
後述するとして、結局、交際女性は市川海老蔵との
間の子供を出産。

 

2002年1月に産まれた
子供の存在は隠し通す筈であったが、
2003年にマスコミが嗅ぎつけて、
これに対して市川海老蔵は記者会見を開いた。

 

市川海老蔵の隠子(かくしご)の記者会見とは?

当時の記者会見の動画は、
現在も動画サイトなどで共有されている。

 

市川海老蔵はマスコミを前にして、
非常に冷静に淡々と隠し子を産ませてしまった
責任などについて説明。

 

実際に歌舞伎の世界では、
こうしたスキャンダルは珍しくない。

 

市川染五郎や片岡愛之助などにも
隠し子がいたことは有名であり、
市川海老蔵もその例にもれなかったということだ。

 

隠し子は2002年に
産まれたので現在は15歳であり、
某女性週刊誌の情報によると、女の子であったそうな。

 

そんな隠し子の母親である
交際女性とは一体、どの様な女性だったのだろうか?

 

市川海老蔵の隠子(かくしご)の母親は日置明子


【名前】 日置明子(ひおきあきこ)

【別名義】 sono(その)

【生年月日】 1974年2月5日

【星座】 みずがめ座

【年齢】 43歳

【出身地】 鳥取県米子市

【血液型】 A型

【デビュー】 1995年

 

日置明子は女性ファッション誌【an・an】の
モデルを経て、歌手デビューを果たす。

 

TM Networkの木根尚登のプロデュースでデビューし、
その後、sonoと改名して3枚のアルバムをリリース。

 

2001年にスウェーデンの音楽プロデューサーである
トーレ・ヨハンソンと組んで制作した
アルバム【時の糸】を持って歌手活動を停止した。

 

市川海老蔵が17歳の頃、
21歳であった日置明子は交際し、隠し子の母親となったのだ。

 

何故、市川海老蔵が日置明子と
結婚しなかったのかの理由は不明だが、
お互いに若かったということと、
やはり結婚となると梨園入りするということに
懸念があったのではないかと思われる。

 

市川海老蔵は隠し子の養育費として
月に100万円を支払っていると言う噂もある。

 

現在は市川海老蔵は
月に1度、日置明子との間に出来た隠し子と
会っているとも某女性週刊誌の取材で
明らかになっているのだが。

 

おわりに

市川海老蔵の子供である勸玄くんに注目が集まる昨今。

 

かつては隠子(かくしご)騒動で揺れた、
所謂、黒歴史があったことにも注目が集まっているのだ。

 

今も交流が若干あるわけだが、
日置明子は公には顔を出さずに歌手活動も
事実上、辞めている状態で、子供を養っている。

 

小林麻央が死去して、
過去と向き合う日々の重責は
非常に重く切ないと言えるのだが。

 

Sponsored Link