福岡で発生した
3.8億円強奪事件の最新状況は
非常に謎が多い。

 

犯人と思しき韓国人男性4人が逮捕されたものの、
非常に不可解な点があるという意見も多い。

 

そして湧き上がるのは
被害者の会社員の素性である。

 

一体、何物なのかについては、
様々な憶測が乱れ飛んでいるようだが・・・。

 

Sponsored Link

福岡3.8億円強奪事件について

みずほ銀行福岡支店の駐車場で、
2017年4月20日の昼過ぎに、3億8400万円もの
現金を3人組の人間に奪われた。

 

これは戦後の現金強奪事件の中では
4番目の多さであると、警視庁の発表があった。

 

事件は被害者となった会社員が、
同支店で現金を下ろした後に
道路はさんだ向かい側の駐車場へ移動。

 

乗ってきた車にバッグをしまおうしたところに、
3人組の男性に催涙スプレーを吹きかけられ、
バッグを奪われたのだ。

 

3人組は被害者の会社員が
停めていたとされる駐車場と同じ敷地内にいたと思われ、
強奪後に駐車場のゲートを破って逃走した。

 

福岡3.8億円強奪事件・最新状況は不可解・・・

同日の夜に現場となった場所から、
程近い福岡空港のターミナルで
不審な韓国人の4人組が確保された。

 

韓国人らが所持していた多額の現金は、
3.8億円には満たなかったようだが、
事件に関わった疑いがあるとみて逮捕。

 

逮捕容疑は関税法違反というものであるが、
福岡3.8億円強奪事件の重要参考人でもあると
見ているようだ。

 

しかし、韓国人らが持っていた札束の帯封と、
被害者の会社員が奪われた現金の帯封が
違うものであると判明。

 

加えて韓国人らが持っていた現金からは、
被害者の会社員の指紋すら検出されていないという
最新状況が明らかになっている。

 

さて、何かおかしくないだろうか・・・?

 

被害者の会社員は何者なのか?に注目があつまる疑惑が・・・


Twitterなどでも囁かれている事件の不可解さ・・・。

 

報道メディアが伝えている
事件の概要に釈然としない方々も多いだろう。

 

疑問は
何故、被害者の会社員が
福岡のみずほ銀行で3.8億円を下すのか?と、いうこと。

 

そして、強奪した犯人たちは何故、
その日、その時に被害者の会社員が
存在していることが分かったのかだろう。

 

後にメディアの取材などで
被害者の会社員は、こう話している。

頻繁に仕事で福岡を訪れている。

事件当日も金塊を買い付ける予定であった。

これに対して、あらゆる憶測が巻き起こっており、
被害者の会社員に不信感を抱く人間もいるようだ。

 

明らかになっている被害者の素性は
29歳の東京都足立区の貴金属を扱う店に
勤務している会社員だ。

 

職務上、多額の現金を扱うことは、
特に珍しい事ではないとは感じる。

(さすがに3.8億円は大きすぎる額であるとは思うが・・・)

 

あくまで真相は
いずれ明らかになるとは思う。

 

が、この会社員も
ただ言われるがままに職務を
遂行していようとしていただけなのかも知れない。

 

注目は被害者の会社員が何者ではなく・・・

犯人と目された韓国人たちは、
事件の犯人の特徴とは異なっているという
最新状況も明らかになっている。

 

そこから考えられる多くの推測は
インサイドジョブ(内部犯行)】の可能性だ。

 

みずほ銀行から下した現金が
何者かに奪われて、それが
強奪されたままであって得をする人間。

 

もしくは、やすやすと
3.8億円をせしめて喜べる人間・・・。

 

ありとあらゆる憶測が浮かぶのだが、
確証が無いために敢えてここでは
答えを出すことは控える。

 

何にせよ裏側には
深い何かが感じる事件であり、
続報が非常に気になるケースだ。

 

Sponsored Link