冨士眞奈美の若い頃の画像がヤバい!

引用:seesaa.netより

冨士眞奈美の若い頃の画像を見てみると、
非常に端正で品の在る顔立ちをしている。

 

現在も尚、女優を続けており、
度々、バラエティ番組などでも見かけるが、
そんな冨士眞奈美を取り上げるとともに、
娘の岩崎リズが何故、ハーフの様な顔立ちをしているのかを
紐解いてみよう。

Sponsored Link

冨士眞奈美について

引用:Oriconより

【名前】 冨士眞奈美(ふじまなみ)

【本名】 岩崎真奈美(いわさきまなみ)

【生年月日】 1938年1月15日

【星座】 やぎ座

【年齢】 79歳

【出身地】 静岡県

【血液型】 A型

【学歴】 静岡県立三島北高等学校

【所属】 アンテーヌ

【デビュー】 1956年

 

冨士眞奈美は高校卒業後、俳優養成所に入所し、
1956年に主役デビューを飾り、翌年にはNHKの
専属女優第一号として名を馳せる。

 

清純派女優として知名度を上げて、
NHK三人娘の一角(冨士眞奈美、小林千登勢、馬渕晴子)を担い、大人気となる。

 

1960年からはバラエティ番組の
司会を務め、タレントとしても活躍した。

 

1970年の日本テレビの大ヒットドラマ【細うで繁盛記】では、
清純派女優から一転して、意地の悪い小姑役を演じて、
イメージチェンジをはかった。

 

1974年に脚本家の林英彦と結婚するも、1984年に離婚。

 

その後、休止気味であった芸能活動を
本格的に再始動し、マルチタレントとして活躍し現在に至る。

 

冨士眞奈美の若い頃の画像のまとめ

 

引用:jiji.comより

冨士眞奈美の現在は人の良さそうな
お婆ちゃんといった風貌だが、若い頃はさすがに美しい。

 

この顔立ちならば現在でも人気女優として
活躍出来ていたであろう非常に整った顔立ちをしている。

引用:Google.co.jpより

若い頃は清純派女優として大人気だったこともあり、
半世紀ちかく前の画像からでも、その時の印象は伝わってくる。

引用:Amaba.jpより

近年、冨士眞奈美がバラエティ番組に登場した際は、
モテていた時というテーマで若い頃の画像との対比をしていたのが、
コミカルでお茶の間の笑いを誘っていた。

 

しかし、これだけの美貌ならば、
モテていたと自らが豪語しても、
聞かされた方も嫌味なく頷けるというものだ。

 

そんな冨士眞奈美であるが、
娘の岩崎リズもまたハーフの様な顔立ちをしており、
母親に勝るとも劣らない美貌をもっているのだ。

 

冨士眞奈美の娘・岩崎リズにハーフの噂が・・・

引用:Yahoo.co.jpより

冨士眞奈美の娘は脚本家や小説家として知られる
岩崎リズであり、脚本家の林秀彦との間に生まれた娘である。

 

画像を見る限り、確かに日本人離れをしている顔立ちであり、
どこかイタリア系の様な印象も見受けられる。

引用:Google.co.jpより

自身の著書のイベントで冨士眞奈美と供に撮影されたであろう写真。

 

比べてみても、やはり娘のリズは
ハーフの様な顔であり似ても似つかないと言ってもいい。

 

しかし、冨士眞奈美の娘である岩崎リズは
ハーフではなく、純粋な日本人なのである。

 

冨士眞奈美の娘がハーフの様な容姿なのは父親譲り

引用:Google.co.jpより

冨士眞奈美の旦那である脚本家の林秀彦は
東京で生まれた生粋の日本人であるが、
その顔立ちはハーフの様にダンディズムに満ち溢れている。

 

日本人であるものの、林秀彦は海外での生活が非常に長く、
日本に帰国後に冨士眞奈美と結婚し、娘のリズをもうけた。

 

つまり娘の岩崎リズは父親に似たということだ。

 

顔だけではなく、現在の仕事も脚本家や小説家ということで、
明らかに父の林英彦の血を濃く引いているようだ。

引用:Google.comより

ハーフの様に見えるが、父親の林秀彦と
見比べてみると、父の顔立ちにそっくりである。

 

また、化粧などの仕方によっても
外国人の様に見えてしまうという効果も
手伝っていると思われる。

 

おわりに

冨士眞奈美と娘の岩崎リズについてまとめてみたが、
若い頃の画像はやはり日本を代表する女優の一人だけあって、
非常に美しかった。

 

娘のリズもハーフと言われながらも、
その美貌を受け継いでおり、作家でありながら
注目を集めているようだ。

 

非常に仲の睦まじい母娘として、
これからも各々が手を取り合って活躍していって欲しいものだ。

 

Sponsored Link