ボクシング世界王者の長谷川穂積が
引退を発表したのは、非常に残念だ。

 

進退をかけて望んだ世界戦を
何とKO勝利で再び王者に返り咲いたのは記憶に新しい。

 

その陰には嫁の存在が極めて強く、次戦が期待されていたのだが・・・。

 

長谷川穂積の引退理由などを含めた上で、まとめてみよう。

 

Sponsored Link

長谷川穂積について

長谷川穂積は1980年12月16日に兵庫県西脇市で生まれた。

 

元プロボクサーである父親が現役当時、
無念の引退をしたことで、その夢を長谷川穂積に託した。

 

が、厳しさについていけなかった長谷川穂積は父親に反発し、
中学生の頃は卓球部に所属し、何と優勝するほどの身体能力を発揮。

 

高校生の頃は後に結婚する嫁と
知り合ったことが切欠で中退を経験しており、
再び定時制高校に入学した際に、またボクシングを始めたという。

 

プロデビューは1999年11月22日。

 

プロ20戦目の2005年4月、世界初挑戦を行い、
伝説の名チャンプ・辰吉丈一郎を葬ったウィラポンと対決し、
判定勝利をして世界王座に輝いた。

 

その後のウィラポンの再戦では、
リベンジに燃えるKO負けが殆どないほどのタフさを誇るウィラポンを
鮮やかなカウンターで葬り返り討ちにしている。

 

その圧倒的な試合は、あの辰吉丈一郎が嫉妬するくらいのものであり、
現実に世界戦では辰吉丈一郎が長谷川穂積のベルトを奪い、
ウィラポンを称えるという暴挙に出ている。

 

その後はWBC王座を10度防衛し、フェザー級に転向し、
WBCフェザー級王者を獲得し、今度はスーパーバンダム級に転向。

 

2016年9月16日にWBCスーパーバンダム級王者に輝いて、
3階級制覇を達成し、12月に引退を表明。

 

日本人で歴代最強のバンダム級ボクサー

その後、10度の防衛戦の殆どを
圧倒的なKOで対戦相手を葬り去ったのは、
何を隠そう後述する嫁の泰子のアドバイスからだった。

 

11度目で王座から失脚するが、
そこまでの快進撃と圧倒的な強さは、
過去に類を見ないほどのインパクトを鮮烈に見せつけた。

 

一番、日本中のファンを沸かせて、
人気があったのはバンダム級では、
辰吉丈一郎であると感じるし、異論はないと思う。

 

しかし、バンダム級において、頭一つも二つも
抜きんでていた強さを誇っていたのは長谷川穂積であり、
現在でも映像に残っているので、鑑賞をおススメする。

 

9月に行われた長谷川穂積が
スーパーバンダム級に転向してからの
世界戦の内容は白熱したものとなり、見事TKO勝利で飾ったことから、
次戦が期待されていた。

 

WBCの最新ランキングでも
しっかりと長谷川穂積の名前が記録されており、
WBCスーパーバンダム級王者として、ランクインしていたのだが。

 

長谷川穂積の嫁

前述したように長谷川穂積の比類なき
強さの秘密は、嫁の泰子のアドバイスがあったからだ。

 

そんな彼女だが、非常にかわいいと評判であり、
容姿端麗、まるでモデルの様な風貌だ。

 

長谷川穂積と同じ歳の泰子との馴れ初めは、彼らが高校生の頃。

 

前述した長谷川穂積が高校を中退したのは、
泰子との遠距離恋愛で学業がおろそかになったのが原因だそうだ。

 

しかし、その後、2002年、長谷川穂積が
ボクサーをしながらアルバイトに明け暮れる生活をしていた頃に結婚。

 

2人の子供にも恵まれて、世界チャンピオンとなった時は、
度々、バラエティ番組などにも揃って出演をしており、
嫁の泰子の恐妻ぶりが笑いのネタになっていたりする。

 

長谷川穂積は判定勝ちの多いボクサーであったが、嫁の泰子はそれに対して苦言をしたのだという。

あなたの試合は見ていて面白くない・・・

見ているお客さんは素人なのだから、
分かりやすい勝ち方じゃないと人気は出ないと言ったそうだ。

 

愛する泰子から言われた長谷川穂積は奮起して、
ファイトスタイルを変えて鍛錬に明け暮れたのだという。

 

どんなトレーナーや先輩などに言われることよりも、
一番、身近にいて生活を支え合っている嫁のアドバイスだからこそ、
身に染みたのだろう。

 

長谷川穂積の引退とその原因

長谷川穂積は次戦を期待されながらも、
引退を発表したが、その理由として以下の様なコメントを発表。

自分自身に対して、これ以上証明するものがなくなった

非常に深い引退理由のコメントだ。

 

ボクサーや格闘家をはじめとする命をかけたスポーツを
生業とする人間は、ファンの為や家族の為に戦っている選手は少ない。

 

何の為に戦っているのかと言えば、
自分自身の為に戦っているのだ。

 

自分自身を証明する手段として、
ボクシングをして結果を出し、
それを見ている人間のテンションを上げたり、勇気を与える。

 

それだけの為だ。

 

しかし、ボクシングに対して
長谷川穂積が今まで築きあげてきた結果に、
おそらく満足したのではないだろうか?

 

今後の長谷川穂積は何をするのかは明確な情報はないが、
自分のボクシングジムを持ちたいと語っているそうだ。

 

おわりに

筆者も大好きな長谷川穂積が
ついに引退するということで、残念な気持ちで一杯だ。

 

が、35歳と言う年齢で、第一線で勝ち続けることが、
どれだけ苦難に満ちているかは想像に難くない。

 

しかし、これだけの実績があれば、
決して今後の経済活動にあぶれることはないだろう。

 

今後は今まで支え続けてきた嫁や
子供たちと平穏な暮らしをしていって欲しい。

 

Sponsored Link