ノンフィクションでは二人の女性警察官を取り上げる。

 

保延真織が結婚した旦那と子供についてを触れる様子で、一人の女性警察官に密着する。

 

あらすじなどを紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

保延真織について

保延真織という名前は非常に珍しい苗字だと感じる。

 

読み方は保延(ほうえん)といい、この苗字は元々は長野県にルーツがあるとされている。

 

戦国時代、武田信玄に仕えた武将の中に保延河内がおり、そこが源流と言われている。

 

ノンフィクションで取り上げられる保延真織は20代の女性警察官であり、南甲府警察署の【刑事第一課鑑識係】に所属する巡査長。

 

事件が起きた現場に残された残留物などを採取し、解決に導くドラマなどでも知られた任務を遂行する非常に重要な仕事だ。

 

ちなみに保延真織が警察官として勤めている南甲府警察署は、県内で最もハードで忙しいと言われている。

 

そこで活躍する一人の美人警察官のプライベートを次は見ていこう。

保延真織の旦那と子供について

保延真織は職場結婚をしたそうだが、旦那もそうなると警察官ということになる。

 

もちろん今回のノンフィクションでは保延真織に焦点が当たっているので、旦那については触れられないだろう。

 

旦那の詳しい所属部署や名前などは公開されることは無い様にみえる。

 

この旦那との社内恋愛の末の結婚、そして妊娠が発覚して産休に入るという部分が注目される。

 

女性警察官という職業についていても、やはり美人である以上は男性は放っておかない。

 

ここでは画像などを掲載することを控えるが、凛々しい顔立ちが光る保延真織がノンフィクションの放送を機に人気を集めるかも知れない。

 

個人的にはその名前もまた魅力的に感じる。

 

真織(まおり)という名前はかなり珍しいわけだが、非常に女性らしさを感じ、親しみを持ちやすい。

 

ノンフィクションで具体的に語られる私生活や業務内容が楽しみである。

 

おわりに

今回のノンフィクションは山梨で活躍する女性警察官二人にスポットが当たっている。

 

その一人、保延真織は旦那と子供がいる現役警察官であり、その容姿は一見すると美しく見える。

 

テレビ番組の出演が切欠で、一般人から人気を得て有名人になるケースも多い。

 

現役の警察官で人気を博す存在になるというのは、本人にとっていかがなものなのか?と、感じる部分もあるが、それはそれとして・・・。

 

美人女性警察官・保延真織の詳しい情報が明かされることに期待しようではないか。

 

Sponsored Link