本荘重弘は兵庫県川西市の副市長であるが、
何とセクハラ疑惑が持ち上がっている。

 

例によって本荘重弘の顔写真画像や
Facebookの有無を見てみるとともに、
公開されている詳細などを紐解いてみよう。

 

果たして、この疑惑は本当なのだろうか?

 

Sponsored Link

本荘重弘のセクハラの概要とは?

本荘重弘のセクハラ疑惑を報じたのは読売新聞だ。

兵庫県川西市の20歳代の女性職員が、本荘重弘・副市長(60)にセクハラを受けたとして9月上旬から休暇を取っていることがわかった。

本荘副市長も体調不良を理由に10月23日から休んでいる。

市によると、本荘副市長と女性、男性職員2人の計4人が9月1日、仕事の打ち上げに参加。

2次会のカラオケで本荘副市長が女性とデュエットした際、肩に手を回したり、手を握ったりしたという。

女性が3日後、市職員課に「退職したい」と相談。同課が事情を聞いたところ、セクハラを受けたと訴えた。同席した他の職員2人も、手を握るなどの行為があったことを認めたという。

女性はフラッシュバックに悩み、職場復帰のめどは立っていない。

本荘副市長は同課の聞き取りに「肩に手は回したが、手を握った記憶はない。(女性は)楽しんでいるように見えたが、休むほどつらかったと知り、申し訳ない」と話しているという。

大塩民生市長は取材に対し、「当時の状況を把握したうえで、対応を考えたい」と話している。

引用:読売新聞より

またしても公職に就いている人間による
女性へのセクハラ行為が取りだたされたわけであるが、
少々、これは双方の感じ方の差があったようにも思える。

 

続いては本荘重弘の顔写真画像や
Facebookの有無などを見てみよう。

 

本荘重弘の顔写真画像やFacebookは?

本荘重弘の顔写真画像はFacebook上に投稿されている。

 

※Facebookは現在、削除されております。

 

報道によると川西市の
副市長・本荘重弘は60歳という還暦を迎えた人物であるが、
顔画像を見てみると非常に若々しい印象がある。

 

ちなみに本荘重弘という名前は漢字や読み方などは、
珍しく、Facebook上に記されているプロフィールには
以下の様に書かれている。

画像引用:nira.or.jp

【勤務先】 川西市

【出身校】 関西学院大学

【高校】 篠山鳳鳴高校

【在住地】 兵庫県川西市

 

これらの詳細から、
今回、セクハラ疑惑を取りだたされた
本荘重弘のFacebookであると見て間違いがない。

 

またツイッターなどもあるが、投稿数も1回きりで、
画像なども全く無いために、何も見るべきところはない。

 

本荘重弘の川西市の副市長としての評判など

本荘重弘は副市長となる以前には
川西市の企画財政部政策室長などの要職にも就いており、
市の行政にその人生を費やしてきた人物であるといえる。

 

また評価としては、
自治体ベンチマーク(他と比べての比較分析)では、全国でも知れ渡っている位に、
地域に様々な恩恵を与えていたようだ。

今回のテーマは「地域に飛び出すあなたへ」。(一財)地域活性化センター理事長の椎川忍さんの基調講演に続き、開催地・川西市副市長で、行政評価や自治体ベンチマークでは全国でも有名な本荘重弘さんからウェルカムトークをいただきます。

引用:kokucheese.comより

非常に有能な人物であることが伺えるが、
少々、自分を支えてくれていた女性職員などへの対応には、
昔ながらの昭和気質の接し方で誤解を招いてしまっていたようだ。

 

セクハラで休職を余儀なくされている
女性職員は20歳代であり、平成生まれの女性である。

 

昭和の時代の組織は男性が上位であり、
女性はそれに従うという体質であったが故に、
現在、パワハラやセクハラと言われるレベルの行為は、
どこか当たり前であった。

 

だが、そんなことは
現在の女性には分からないことであるのだ。

 

時代は変わり、女性も昭和の時代に比べて、
その立場が大きくなり、れっきとした男性と
対等になったといっても過言ではない。

 

時代遅れの女性の部下に対しての接し方が、
今回の様な誤解を生んで、セクハラ疑惑として報道されるに
至ってしまったということだ。

 

おわりに

川西市の本荘重弘の顔写真画像や
Facebookの有無を調べるとともに、セクハラの概要を考察してみた。

 

本荘重弘にもおそらくは家庭があり、
孫がいてもおかしくはないと感じるが、
決して女性職員には下心があってやったことではないのではないだろうか?

 

あくまで酒の席でのノリのようなもの程度であったと思われるが、
やられた女性からすると相当、ショックな行為に感じたのだろう。

 

その点はやはり昔気質のやり方や
コミュニケーションに慣れた人間であっても、
若い世代に合わせて改善をしていかなければならないと感じる。

 

Sponsored Link