平田優はプロモトクロスライダーであるが、逮捕されたことが判明。

 

例によって顔写真画像やFacebookなどの有無を見ていくとと供に、その輝かしい経歴やプロフィールなどをみていこう。

 

そして、何故、逮捕に至ってしまったのかの概要をみていこう。

 

Sponsored Link

平田優が逮捕された概要

平田優が逮捕されたことを報じたのは朝日新聞だ。

内縁の妻の男児(4)を殴ってけがをさせたとして、愛知県警は4日、モトクロスのプロライダー平田優容疑者(33)=同県東海市加木屋町=を傷害容疑で逮捕し、発表した。

容疑を否認しているが、「しつけで過去に殴ったことはある」と話しているという。

東海署によると、平田容疑者は10月28日夕から同30日朝までの間、男児の左ほおや右額をたたくなどし、1週間のけがをさせた疑いがある。

10月末に男児が通う保育園から児童相談所を通じて署に連絡があり、判明した。

引用:朝日新聞より

平田優は同棲相手の連れ子に暴行したという容疑で逮捕されているが、傷害容疑が適用されるというのは、男児の怪我の程度は重いとみて間違いがない。

 

続いては平田優の顔写真画像やFacebookの有無などをみていこう。

 

平田優の顔写真画像やFacebookは?

画像引用:yu-hirata.com

平田優はプロモトクロスレーサーとして、その道では非常に有名である為に、顔写真画像などは容易く閲覧可能だ。

 

Facebookは同姓同名のユーザーがいるものの、今回、逮捕された平田優と同一のユーザーはいないようだ。

 

だが、そのプロフィールや経歴は何もFacebookでなくても、既にWikipediaや公式サイトなどで確認が出来る。

 

それらを掻い摘んで要点だけをまとめてみた。

 

平田優の経歴やプロフィールは?

平田優は現在、静岡県磐田市に本社を構えるヤマハ発動機内の【ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム】に所属している。

 

生年月日は1984年11月14日 さそり座の33歳である。

 

3歳のころからモトクロスをはじめており、1997年の時に近畿地区のモトクロス選手権のジュニア85㏄で見事に優勝。

 

翌年、1999年にも近畿モトクロス選手権NBクロスのチャンピオンに輝いて、2001年に国際B級ライセンスを取得し、翌年、2002年に国際A級に昇格。

2003年 IA-2参戦 ランキング19位
2004年 IA-2参戦 ランキング14位
2005年IA-2参戦 ランキング5位
2006年IA-2参戦 ランキング2位
2007年IA-2参戦 ランキング2位
2008年IA-2参戦 ランキング2位
2009年IA-2参戦 ランキング2位
2010年IA-1参戦 ランキング7位
2011年IA-1参戦 ランキング6位
2012年IA-1参戦 ランキング3位
2013年IA-1参戦 ランキング3位
2014年IA-1参戦 ランキング5位
2016年IA-1参戦 ランキング5位

A級に昇格した後の戦績はチャンピオンに輝いているものはないようだ。

 

ヤマハのモトクロスレーサーとしては、最も先頭に立って活躍しているレーサーであるのは間違いはない様だが。

 

平田優の犯行動機とは一体・・・

平田優は同居していた彼女の連れ子に暴行を加えたというのだが、本人にとってはあくまでしつけのつもりであり、暴行をしていた自覚はないようだ。

 

平田優の主観からすれば、しつけの為に大人が子供を叩くのは、当たり前という感覚があるのだろう。

 

おそらく、本人もそうやって育てられてきたからなのかもしれない。

 

そして、それが決して悪というわけでもないが、保育園の職員が被害者の子供の状態を見て、只事ではないと感じたから児童相談所に連絡したのだ。

 

そうなれば、しつけの範囲を超えていた傷跡が子供に残っていたことが言うまでもないだろう。

 

そもそも叩いたり殴ったりして子供が本当の意味で育成できるのならば、誰だって苦労はしない。

 

だが、それと同時に子供にとって深いトラウマを与える原因になったりもするのだ。

 

そしてそれは後の長い人生に大きな楔を打つことにもなるのだ。

 

個人的にではあるが、子供をしつけで殴ったりしては決してならない。

 

子供の将来を考えるのであれば。

 

子供を叩いたり殴るというのは、親や保護者も何か満たされていないゆとりのない心理状態があると断言できる。

 

平田優は本当に子供が憎くてやったことではないと感じるが、叩いたことは間違いはないわけである。

 

今後は同じ過ちを繰り返さない様に、本当の愛情をもって子供に接して欲しいものである。

 

Sponsored Link