一二三慎太が現在、逮捕された
という報道が物議を醸しだしている。

 

かつては元阪神タイガースのプロ野球選手であり、
現在は独立リーグ・石川ミリオンスターズで活躍していた。

 

だが、一二三慎太に何が起きていたのかを見ていくことで、
その背景が分かるのではないだろうか?

 

Sponsored Link

一二三慎太の現在がヤバい!

一二三慎太は元阪神で現在は
独立リーグ・石川ミリオンスターズに所属する野球選手。

 

逮捕容疑は、女性に強制的に
性行為に及んだということで、罪状は強制性交。

 

しかし、実は単独犯ではなく、
未成年者である2人の少年らとともに犯行を行ったと言うことである。

 

報道メディアも事件の詳しい経緯などは
伏せている状態でのニュースである。

 

これは被害者のプライバシーが著しく損害される
恐れがあることを懸念してのものである。

 

一二三慎太の犯行は現在は強制性交という容疑であるが、実際に共犯者と供に犯行に及んでいたとするならば、これは輪姦である。

 

一二三慎太の現在はその態度にある?

一二三慎太は元阪神タイガースのルーキーであった。

 

小学生の頃より野球に勤しみ、中学生のころには
ピッチャーでチームを優勝に導き、高校に進学してからはエース。

 

3年生の最後の甲子園では惜しくも決勝で敗退するも、
部を準優勝に導いた立役者として、卒業後は阪神タイガースから
ドラフト2位指名をもらい入団したことでも注目されていた。

 

スラッガーとしても期待されていたが、
怪我や病気に悩まされて、一軍に繰り上がることは無く、2016年には
独立リーグ・石川ミリオンスターズに3か月という条件で移籍をしていた。

 

阪神に戻ったあとも一軍に上がることが出来ずに、戦力外通告をうけて、再び石川ミリオンスターズに入団して、現在にいたる。

 

一二三慎太の態度が悪いとネット上などでも
一部からは囁かれていたようであるが、
態度が悪くても野球で活躍している人間はゴロゴロいる。

 

人への接し方が態度という概念になるために、
ここに問題はなさそうであるが、
実際にそう見えるのもある病気に患されていたからだ。

 

一二三慎太の戦力外の原因はイップス?

スポーツ選手がかかりやすい
病気の一つにイップスというものがある。

 

これは精神的な要因によって、
運動能力の低下や集中力などを損ねる精神病の一種である。

 

実は一二三慎太は高校生からイップスに
苦しめられていたと言われており、高校3年生の時には
投手で活躍していたにも関わらずに試合で
投げ方が分からなくなったという。

 

更に練習試合でフォームを崩した際、
頭部にデッドボールを食らってしまったという。

 

本来は繰り返し練習している行為は、
身になっているので意識せずとも一連の動きは出来るものだが、
イップスにかかると慣れ親しんだ運動も
突然、出来なくなってしまうという恐怖の病なのだ。

 

こうした精神の病気であるイップスを患ってしまったから、
野球に影響が出てしまい、思うようなプレイが出来なくなったことが
戦力外の理由であったと言われている。

 

更にそうした状態では人と人との接し方も、
傲慢知己になっていくことは容易に伺える。

 

これらが全て繋がってしまい、
現在の不遇な状況を作り出したといえる。

 

一二三慎太の現在に待っているものは解雇?!

一二三慎太の現在は絶望的な
状況に立たされていると言えよう。

 

か弱き女性を共犯者とともに性的暴行を加えており、
逮捕されてその状況が明らかになっている現在は
こうした選手を擁する団体がいるわけもない。

 

プロ野球に関わる世界で生きていくことは絶望的であり、
今後の人生にとってかなり過酷な運命を強いられることになるのは想像に難くない。

 

現在はまだ伏せられている情報も沢山あるが、
判明次第、追記という形をとることにしよう。

 

Sponsored Link