映画【嫌われ松子の一生】や実写版【ルパン三世】を
手掛けた映画プロデューサーの佐谷秀美が詐欺で逮捕された。

 

これだけの実績がある人物にwikiが無いというのも珍しいが、
その事件の概要とプロフィールなどを見てみよう。

 

Sponsored Link

佐谷秀美のwiki風プロフィール

【名前】 佐谷秀美(さやひでみ)

【年齢】 56歳

【職業】 映画プロデューサー

【所属】 株式会社スープレックス

【デビュー】 1996年

 

佐谷秀美は2014年までに34本の映画作品に携わっており、
映画プロデューサーではあるが、企画や音楽を担当する
プロデューサーとしても腕を振るっていた。

 

代表作品は1998年公開の岩井俊二監督、主演・松たか子の映画【四月物語】、
2006年公開の主演・中谷美紀によるヒット映画【嫌われ松子の一生】、
2014年公開の北村龍平監督、小栗旬が主演の実写版【ルパン三世】。

 

また報道では映画【あずみ】のプロデューサーとなっていたが、
実際には制作に携わっていただけであり、プロデューサーではない。

 

佐谷秀美の作品一覧

佐谷秀美は有名プロデューサーではないものの、
手掛けた作品を見ると中堅的な位置にいたようだ。

 

作品一覧を並べてみよう。

 

1996年
・ミュータント・タートルズ 超人伝説編 (オリジナルビデオ)
・ソクラテス
・ARMITAGE THE III POLY-MATRIX

 

1997年
・アウトブレイカー (オリジナルビデオ)
・アンラッキー・モンキー
・POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース
・渇きの街

 

1998年
・彼女との時代 (テレビ作品)

 

1999年
・BLOOD 狼血

 

2000年
・東京爆弾 (オリジナルビデオ)
・ひまわり

 

2001年
・フィラメント
・ほとけ

 

2002年
・地獄甲子園
・ALIVE アライヴ
・Jam Films
・ロックンロールミシン

 

2003年
・Jam Films 2
・Seventh Anniversary セブンス アニバーサリー
・Bird’s Eye バーズ・アイ
・あずみ
・人斬り銀次

 

2004年
・インディアン・サマー
・魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE
・あずみ2 Death or Love
・苺の破片(イチゴノカケラ)
・ハーケンクロイツの翼
・漫☆画太郎SHOW ババアゾーン

 

2005年
・ぼくは はちぞう (オリジナルビデオ)

 

2006年
・LOVEDEATH─ラブデス─
・嫌われ松子の一生
・東京大学物語

 

2007年
・クローズZERO

 

2009年
・TAJOMARU

 

2010年
・マジすか学園 (テレビ作品)
・シュアリー・サムデイ

 

2013年
・クローズEXPLODE
2014年

・小川町セレナーデ
・ルパン三世

 

2016年

・拝啓、民泊様。(テレビ作品)

 

佐谷秀美の詐欺で逮捕された経緯

佐谷秀美は2010年に特撮映画の版権の取得を、名古屋市の男性に勧めた。

 

それによって、男性から1500万円もの金を渡されたものの、
結局、男性に薦めた特撮映画は企画倒れになってしまった。

 

佐谷秀美は制作されなくなった映画を
名古屋市の男性には、準備中であると嘘をついて、
更に数十億の収益が見込めるという虚偽まで行っていたようだ。

 

結局、名古屋市の男性から受け取った1500万円を
返すこともなく、訴えられたというところだろう。

 

佐谷秀美の詐欺事件に対するネットの反応

フリーでこれだけの映画を製作する力量がある人でも、経済的には報われてないんだねえ

 

こんだけ有名な映画のプロデューサーに詐欺やられたら誰でも騙されるわw

 

いい映画を作ったプロヂューサーがいい人間とは限らない。

 

ネットの反応の中に真をついているものもある。

 

佐谷秀美は実績もあるし、有名な映画に
多数、携わっているから、被害者も信じやすかったろう。

 

もしかしたら、佐谷秀美自身も最初から
詐欺をするという気は無かったのかも知れない。

 

目論見が外れて収拾がつかなくなって、
結果的に詐欺になってしまったということかも知れないが・・・。

 

Sponsored Link