ハト男こと村永義雄が逮捕されてから2ヶ月が過ぎた、その後、新たな展開が浮上。

 

愛知県名古屋市で近隣住民や詰めかけたマスコミを恐怖に陥れたハト男・村永義雄であるが、どうやら近いうちに戻ってくるようだ。

 

果たしてハト男は住所の場所に再び戻って来て、同じ様なことをしでかすのだろうか?

 

Sponsored Link

ハト男・村永義雄の顔は!?


ハト男・村永義雄の顔写真
画像引用:yahoo.co.jp

村永義雄は名古屋市に住む61歳の男性であり、以前からハトに餌を与えており、それが間接的に近隣住民の迷惑になっていた。

 

注意した近所の住民に暴行を加えたかどで、2017年7月20日に逮捕された。

公園でハトへの餌やりを注意されたことに腹を立て、男性(76)を蹴って肋骨を折るなどのけがを負わせたとして、愛知県警南署は20日、傷害の疑いで名古屋市南区三吉町、無職、村永義雄容疑者(61)を逮捕した。

同市南土木事務所などによると、村永容疑者は10年前から、南区の公園や自宅前の道路でハトに餌をやり続け、洗濯物がふんで汚れるなどの苦情が近隣住民から度々寄せられていた。同事務所が昨年5月以降だけで、18回にわたり餌やりをやめるよう説得に当たっていた。

逮捕容疑は11日午後0時35分ごろ、自宅近くの公園で、男性に足で蹴る暴行を加え、肋骨を折るなどのけがを負わせた疑い。村永容疑者は「間違いない。注意され腹が立った」と供述している。

これまで村永容疑者を説得してきた同市南土木事務所の職員は「迷惑を掛けた上に暴力を振るうとは、あまりにもひどい」と話している。

引用:産経WESTより

テレビメディアのレポーターがハト男・村永義雄を取材した際にも、水をかけるなどの暴挙に出ていて、瞬く間に全国区にその所業が伝わったことも話題になった。

 

ハト男・村永義雄の住所の場所は?

名古屋市のハト男・村永義雄の住んでいた住居は【ハト屋敷】としても有名であった。

 

以前、TBSのビビットが報じた際には、問題の住所界隈の映像も流されていた。

 

これらからハト男の住所やハト屋敷の所在地などが判明しているのだ。

ハト男・村永義雄の住所と問題のハト屋敷は『愛知県名古屋市南区三吉町2丁目85-5 清和荘』である。


近隣住民に数多くの暴挙に出たハト男・村永義雄が逮捕されて、ようやく平和が戻ったと思いきや、どうやらそうでもないようである。

 

ハト男・村永義雄が逮捕されたその後は?

ハト男・村永義雄が逮捕され、2か月経ったその後の新展開が報じられている。

14日に開かれた初公判で起訴内容を認めた村永被告。被告人質問では、動機について「エサをやろうとしたら、男性に音を立てられハトが逃げ降りてこなかったので」などと話し、エサをまく理由については「昔、ハトが死にそうになっていて、それに見かねてエサをやるようになった」「何とか生かしてやりたくて」などと話した。

検察側は懲役6か月を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。判決は今月25日に言い渡される予定。

引用:NNNニュースより

犯行動機も明確となり、その後の展開も明らかになったわけだが、有罪は避けられないわけであるが、どうやら判決次第では執行猶予付きで釈放される可能性もある。

 

そうなると再び名古屋市の例の住所に戻ってくることになると思われる。

 

果たして長年、養ったハトの餌づけの習慣がおさまるのかどうかに疑問があり、再び同じことをするとなると、近隣住民と更なるトラブルが起きることは想像に難くない。

 

今後の展開が非常に気になるところだ。

 

おわりに

ハト男・村永義雄が逮捕されたその後の展開によっては、再度、トラブルが起きる可能性も否めない。

 

現在、ハト男の住所近辺の住民たちは、ようやく訪れた平和に安堵感をおぼえている筈であるが、100%平和が戻っているとは考えられない。

 

あれだけ周りを顧みずに暴挙を重ねてきた男が、釈放された場合、黙って大人しくしているとは少々、疑問が残る。

 

判決の行方次第では再び名古屋市で騒動が巻き起こることもあるのかも知れない。

 

Sponsored Link