波田野愛子は千葉県印西市の老人ホームの准看護師。

 

同僚の女性に対して睡眠薬を用いて、
事故を誘発させた容疑で逮捕された。

 

何故、この様なことをしたのかという
犯行動機を顔写真画像と供に見てみよう。

 

Sponsored Link

波田野愛子が起こした事件の概要

同僚に薬を用いて、交通事故を
起こさせるようにしたという奇妙な犯行の概要は以下の通りだ。

千葉県警は11日、同県印西市の老人ホームで、同僚らに睡眠導入剤を混ぜたお茶を飲ませ、交通事故を起こさせて殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で同市の准看護師波田野愛子容疑者(71)を逮捕した。

逮捕容疑は5月15日、当時勤務していた市内の老人ホーム事務室で、車で帰宅することを知りながら、同僚の女性(69)と運転手の夫(71)に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませ、交通事故を起こさせようとした疑い。

お茶を飲んだ2人の車は帰宅途中でワゴン車と衝突。女性が肋骨(ろっこつ)を折る全治1カ月の重傷で夫が軽傷、ワゴン車を運転していた男性(56)も軽傷。

同容疑者は先月、別の同僚女性に睡眠導入剤を混ぜた飲料を飲ませたとして、傷害の疑いで逮捕されている。

同僚だった別の女性によると、波田野容疑者が勤務を始めたのは昨年10月。

今年2月ごろから、何人もの同僚の間から「意識がもうろうとする」「うまく歩けない」などの体調不良の訴えが続出。

自家用車を壁などにぶつけた人も複数いた。

「体調不良で病院に行っても、血液検査で薬物検査をするわけではないから原因が分からなかった。まさか自分も…と多くの人が思っています」と話した。

同僚と仲が悪い様子もなく、ホームの入居者らともトラブルはなかった。

「小柄でかわいらしい女性。対応も優しかった」という。

県警によると、睡眠導入剤の混入は認めている。

殺意については認否を明らかにしていないが「死亡事故を起こしても構わない」という未必の故意があったとみて捜査する。

引用:日刊ニュースより

事件を報道する内容を見ると、
逮捕された波田野愛子が極めて複雑な
精神構造をしていたことが伺える。

 

波田野愛子の犯行の瞬間の画像

波田野愛子の同僚がホーム内で
ビデオカメラを秘密裏に回していたようだ。

 

おそらく、以前から怪しいという
目星がついていたのかもしれない。

 

そして、そのカメラの前で
波田野愛子は同僚の飲料に薬を混入していたのだ。

 

これがどうやら決め手となり、
警察に逮捕されたのだろう。

 

右手に持っている睡眠薬は
錠剤を砕いて粉上にしていたということで、
これは施設の医務室から拝借したものである可能性がある。

 

また、波田野愛子自身も
睡眠薬を処方されていたために、
これら二つを犯行に利用したと思われる。

 

波田野愛子の顔写真画像とその犯行動機とは?

逮捕された波田野愛子の顔写真画像

 

報道でも書かれている様に同僚や
入居者たちからの評判は上々であり、
顔写真画像からも温和な印象が見て取れる。

 

ある格言で敵は敵の顔をしていない。と、いうものがあるが、
正しく今回の事件はそれに当たるのではないだろうか?

 

動機などについては、
具体的に明記されていないものの、
波田野愛子は所謂、犯罪心理学上では
サイコパスの部類に属するのではなかろうか?

 

サイコパスの典型的な特徴としては、
自らが犯罪をおかすときは綿密に計画を立て、
リスクを抑える動きをする傾向にある。

 

また、表面的には非常に信頼されるタイプが多く、
多くの人間から好感触を持たれる術を熟知しているのだ。

 

しかし、冒す犯罪には
確固たる動機がないことも多々あり、
その真相を究明するには多くの時間を必要とされる。

 

最新情報によると、
波田野愛子は同僚に妬みの感情を持っていたということを
動機として供述しているようだ。

 

しかし、何の妬みを
抱く必要があるというのだろうか・・・?

 

同僚が上司にかわいがられていたからという理由と、
別の職員に対してはゆっくり休ませてあげたかったと供述。

 

どうも供述には
一貫性が無く、希薄な点がある気がしてならないわけだが、
今後の具体的な警察の発表を今は待つしかないだろう。

 

事件のあった老人ホームの場所や今後について

波田野愛子が働いていた老人ホームは
千葉県印西市で運営されている
社会福祉法人・清明会の有料老人ホーム【よしきり】だ。

 

ちなみに老人ホーム内の入居者が
被害に遭ったという事実は無く、
あくまで職員にのみ行った犯行であるということ。

 

この点からも、波田野愛子は
異質な犯行を起こしたとはいえ、ターゲットは
自分と同じ立場である人間に絞っていることが垣間見える。

 

また、この老人ホームでは2017年2月にも、
別の同僚が車で帰宅中に交通事故で帰らぬ人になっている
ケースがあったことが分かっている。

 

この事故も波田野愛子が
関わっていた可能性もあるとして、
追求していく方針を固めているという。

 

おわりに

波田野愛子の顔写真画像から判断するに、
明らかにどこにでもいる普通の人の良い老女に見える。

 

だが、自身が働いている老人ホームの従業員を
狙った計画的で緻密な犯行には、
どこか背筋の凍りつく戦慄を感じずにはいられない。

 

今回、発覚した犯行だけではない、
前科や余罪なども今後は明らかにされていく
可能性は極めて高いと言えよう。

 

Sponsored Link