橋岡佐喜男は千葉の能楽師として、NPO法人の会長を歴任していた名士。

 

その橋岡佐喜男が千葉の射撃場で、無残な状態で死去している報道があった。

 

死因は詳しくは語れないが、とても壮絶すぎる。

 

そして、不思議なキーワードとしてフェラーリというものが目立つのだが。

 

Sponsored Link

橋岡佐喜男について


引用:NPO法人せんす公式WEBサイトより

橋岡佐喜男は千葉県船橋市に在住していた能楽師。

 

能楽の普及活動をし、日本の各地に点在する能楽堂で公演をしていた。

 

NPO法人【せんす】の会長であり、その普及活動はイランやカタールなどの中東にも及んでいた。

 

橋岡佐喜男は日本にとどまらずに世界中に能楽を広めたいという夢があったそうであるのだが・・・。

 

2010年4月に銃免許を取得し登録しているという。

 

橋岡佐喜男の死因が壮絶すぎる・・・

橋岡佐喜男の死去を報じた千葉日報によると、以下の様な状況であったという。

 

千葉県印西市山田に営業していた【成田射撃場】で2017年8月8日の夜に顔に損傷を追った男性が発見。

 

その後、死去が確認されたが、それが射撃場の利用者であった橋岡佐喜男であったということが判明。

 

警察は散弾銃による事故、或いは自殺の可能性があるとしている。

 

橋岡佐喜男は射撃場に預けていた散弾銃を抱えるようにして、同施設内の芝生に倒れていたという。

 

散弾銃の弾が至近距離から顔に直撃したら、想像を絶する状態になっているのは明白だ。

 

とてもではないが、その惨状は凄まじい状態であったことは間違いないだろう。

 

警察から公開された現場の状況から察するに、死因は散弾銃による自死ということになるだろう。

 

橋岡佐喜男とフェラーリの関係とは?

橋岡佐喜男と検索するとフェラーリという関連キーワードが出てくる。

 

それについて調べてみるが、全く関連性がないコンテンツが検索ページ上に立ち並んでいる。

 

何故、フェラーリが関連キーワードになっているかは不明だが、おそらくは検索エンジン上のバグのようなものであるだろう。

 

関連性のないサイトコンテンツの文字が検索結果に反映するということは、Google上ではよく見かける。

 

おわりに

橋岡佐喜男は情熱溢れる能楽師であり、世界に能楽を広めたいという野心があった名士。

 

しかし、ネット上では数年前から目立った活動内容が記載されていない様に見える。

 

活動が行き詰っていた可能性もあるが、そもそも能楽とは日本の伝統芸能であり、既にメジャーなものではない。

 

そんなことはこれまでにもあったと思われるわけで、これが原因になっているとも考えにくい。

 

非常に情報が少ない状態であるので、憶測が多く交るものになってしまうが、分かっていることはその死因が壮絶すぎるということは間違いない。

 

Sponsored Link