史上最強の力士と名高い白鵬が
再び金字塔を立てたことが話題だ。

 

そんな白鵬だが、嫁は流産、嫁の父親は
逮捕されたりと、波乱万丈な家庭を持つ力士でもある。

 

白鵬のデビューから最速1000勝の詳細と、
嫁と父親について触れてみよう。

 

Sponsored Link

白鵬が1000勝達成!

白鵬は相撲部屋に入門してから、
たった3年で入幕した力士であり、鳴り物入りで十両昇進した男だ。

 

その後の強さは正にご存知の通りであり、数々の記録を打ち立てているのだ。

 

・幕内成績:903勝159敗48休

(歴代1位)

・横綱成績:709勝89敗27休

(歴代1位)

・幕内優勝:37回【ギネス世界記録】

(歴代1位)

・場所連覇数:7回【朝青龍と並びタイ】

(歴代1位)

 

他にも金字塔とも言える記録を打ち立てている白鵬だが、
そして今回は元横綱・千代の富士と、元大関の魁皇に続く、1000勝を達成。

 

ただの1000勝ではなく、序の口に入ってから僅か93場所という最速での1000勝達成。

 

おそらく、これは今後、破られないであろう記録なのではないか?

 

白鵬の嫁と流産

そんな最強の力士・白鵬には実に綺麗な嫁がいる。

 

和田紗代子という女性であり、
白鵬とは同じ歳で、学習院大学を卒業しているお嬢様だ。

 

2004年に朝青龍主催の祝賀パーティーで
知り合った白鵬と和田紗代子は程なく交際。

 

2007年に子供が出来たことで結婚し、後に3人の子供を授かった。

 

長女は愛美羽(あみう)、
長男・眞羽人(まはと)、
次女が美羽紗(みうしゃ)
と、言う名前であり、一時期はキラキラネームと話題になったこともある。

 

そして、子供の名前に全て『羽』が入っているのも、
白鵬と白鵬の嫁の想いが込められている感がある。

 

本当ならば4人目の子供がいるはずなのだが、
白鵬の嫁は2014年に流産をしている。

 

白鵬は嫁の流産に際し、優勝したにも関わらずに
記者会見をキャンセルし、沈黙を保ったのだ。

 

これに対し、公私混同していると非難も巻き起こったが、
それを承知の上で嫁の気持ちを第一に考えたことは、
正に漢といっていいだろう。

 

嫁の流産の理由に関しては、具体的なことは不明であるが、
実のところ母親が健康であっても、お産の時には必ず流産の可能性があるという。

 

統計では10~15%の確率で、
子供が流れるということが起きているという
医学的なデータがあるので、不思議なことではないのだ。

 

次は白鵬の嫁の父親について触れてみよう。

 

白鵬の嫁の父親は逮捕歴あり

白鵬にとっては義理の父親である
和田友良は徳島県を中心に事業を展開している実業家。

 

主に林業と福祉をメインにビジネス展開をしているようで、
前述した元横綱・朝青龍の後援者であったことでも
知られる相撲関係者の隠れた大物なのだ。

 

が、しかし、そんな大物にも過去に意外な逮捕歴があるのだ。

 

2006年6月に東京・新橋のホテルで
18歳未満の少女と金銭と引き換えに、
関係を持ったことで逮捕されている。

 

以前から白鵬の嫁の父親は同じ様に、
東京出張の際には未成年の少女など約80人とホテルで
金銭と引き換えに関係を持ったことまで明らかになっているのだ。

 

当時は白鵬と嫁は結婚してはいなかったものの、
白鵬が有名になるにつれて、こうした身内のスキャンダルが
白日の下に晒されるのは、仕方が無いことではあるが・・・。

 

まとめ

再び金字塔を打ち立てた白鵬だが、
身内や家庭内でのトラブルやアクシデントも
その強さには全く影響がないようだ。

 

それは何が起きても、力士として結果を出す!
と、いう強い精神力の成せる業なのは間違いない。

 

嫁の流産や義理の父親の逮捕という過去を
打ち消す位の活躍を、白鵬は今後も更に見せつけてくれることだろう。

 

Sponsored Link