博多高校の生徒による教師の暴行騒動で、犯人と特定されている梅野と言う少年のTwitterに変化がある。

 

騒動のその後のツイッターには、まるで挑発行為とも思えるツイートが書き立てられており、反省の様子はないようだ。

 

怖いもの知らずの16歳の少年らしいといえばらしいが、その様子を紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

博多高校の梅野について


博多高校で起きた生徒による教師の暴行動画の衝撃は凄まじく、既にテレビ地上波でも取り上げられる騒動となっている。

 

TwitterやYouTube、ニコニコ動画などのメディアにもアップロードされており、その拡散ぶりは歯止めが効かない様子である。

 

ところで何故、教師が暴力を奮われるに至ったのかであるが、博多高校側は以下のように理由を述べている。

入学時に授業で使用するiPadを購入してもらっているのですが、今回はiPadを使用しない授業中に当該生徒が機器を使用したということで教師が取り上げました。

すると、生徒が激こうし、暴力をふるったという風に聞いています。

さらに暴力を奮った生徒に関して、博多高校側は以下のようにも述べている。

普段から粗暴なところがある生徒だったことは事実です。

引用:ねとらぼより

ネットでは梅野と特定されている暴行した生徒は、以前からツイッターで情報発信をしていたということまで明らかになっている。

 

博多高校の梅野のTwitterも特定されたが・・・


本来ならば、これだけの大炎上となり、氏名も顔、実家や親の素性、更には彼女まで割れている状態ならば、即座に自身のツイッターは削除するのが普通である。

 

ところが、この梅野なる少年は何とハンドルネームを変えて、アクセスしてきたユーザーたちを挑発する行為に及んでいるのだ。

 

これに対して、全く反省の色がないのが伺えるので、そちらをまとめてみよう。

 

博多高校の梅野のツイッターのその後がヤバい!


少々、分かりづらいかも知れないが、博多高校の問題の生徒のTwitterIDは『@makkun0701』である。

 

騒動の前は自身の顔写真もプロフィール画像にしており、ハンドルネームも【梅野。】となっている。

 

が、騒動後は【JASON小村】とハンドルネームを変えて、プロフィール画像も変更している。

 

更には梅野。アカウントのツイッターに反応したユーザーに対して挑発とも思えるツイートを投稿しているのだ。

 

自身のしでかした行為に対しては、若干の動揺があるとはいえ、要するに開き直っている状態であるというのが伺える。

 

おわりに

博多高校の梅野なる教師に暴行を加えた生徒のTwitterのその後を取り上げてみたが、末恐ろしい少年であるといえる。

 

元々が粗暴なところがある生徒であったとはいえ、ここまでの開き直りぶりを日本全国に示しているというのは、ある意味、肝っ玉が座っているのかも知れない。

 

だが、それはあくまで少年であるが故の無謀さとも言ってはばからない。

 

今後、博多高校の騒動はどうなっていくのかに注目していきたい。

 

Sponsored Link