テレビ朝日で放送された
【M-1グランプリ】の2016年・第12代王者に輝いたのは銀シャリ。

 

銀シャリは鰻和弘と橋本直による
漫才コンビであり、実は数々の賞を受賞している。

 

銀シャリとは、
どの様な実績があるのだろうかをチェックしてみよう。

 

Sponsored Link

M-1グランプリ 2016の王者・銀シャリとは?

銀シャリとは、
鰻和弘と橋本直が2005年に結成した漫才コンビである。

 

結成2年後の2007年に新人賞を獲得してからというもの、
関西のお笑いコンテストで数々の受賞歴がある
実力派として知られていた。

 

やすきよ漫才に強く影響を受けており、
ネタの作成は橋本が行っているそうだ。

 

お笑いの実績(受賞)などは以下の通り。

2007年 第28回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞
2008年 第29回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
2008年 笑いの超新星 新人賞
2009年 第30回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
2009年 第39回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
2010年 第31回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞
2010年 第40回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2010年 M-1グランプリ 5位
2011年 第46回上方漫才大賞 新人賞
2012年キングオブコント 7位
2013年 第2回ytv漫才新人賞 優勝
2015年 M-1グランプリ 2位
2016年 第51回上方漫才大賞 奨励賞
2016年M-1グランプリ優勝

M-1グランプリには過去に2度出場しており、
2016年に三度目の正直とばかりにグランプリ王者に輝いたということになる。

 

コンビ名の銀シャリという名前の由来

銀シャリというコンビ名が非常に変わっており、
どこか安易な印象もあるわけだが、正しくいい加減な由来がある。

 

コンビ結成時の2005年に橋本と鰻が、
お互いにコンビ名の候補を20づつ出し合ったのだという。

 

その結果、お互いに合致した名前が
銀シャリであったということであり、
そこには何のコンセプトも無いのだという。

 

このいい加減さがかえって、
強烈なインパクトを見るものに与えていたということで、
それはまさしくケガの功名というべきものか。

 

銀シャリの橋本直

銀シャリのネタを作っている
橋本直は1980年9月27日に兵庫県伊丹市で生まれた。

 

現在は36歳であり、
学生自体はアメフトをしていたスポーツマンであり、
中学生のころは日本一に輝いたこともある異才。

 

学歴は関西学院大学経済学部を卒業し、
その後によしもとクリエイティブ・エージェンシーの門を叩いた。

 

売れない時期は、
マンションの一室に10人以上の芸人たちと
同居していたというタコ部屋生活の様なものを過去に公開している。

 

家族は母と2歳年下の妹がおり、
父親は橋本がお笑いの道に入る前に既に他界しているのだという。

 

銀シャリの鰻和弘

銀シャリではボケを担当している
鰻和弘は1983年8月31日に大阪府八尾市で生まれた。

 

現在は33歳であり、最終学歴は大阪府立清友高等学校卒業。

 

家族は6人家族であり、父と母と祖母、
そして姉と兄がおり、末っ子として育ったという。

 

特徴的なのは鰻という名字であり、
これは本名であって日本に6名しかいない非常にレアな名字なのだ。

 

相方の橋本はアメフトの日本一になったというエピソードがあるが、
鰻もまた特徴があり、何と書道6段を習得しており、書道の他には
漫画を描くことにも長けているのだとか。

 

また去年、2015年7月24日、奇しくも
土用の丑の日に一歳下の一般女性と結婚をしている。

 

まとめ

関西では非常に名の知れている銀シャリだが、
M-1グランプリ 2016の王者になったということで、日本中に知れ渡り注目を集めることだろう。

 

暫くの間は、銀シャリがお笑い界で
一番、注目される存在になり、メディアに度々、出演する場面が多くなる。

 

実績や実力ともに申し分ない銀シャリの今後の活躍からは目を離せない。

 

Sponsored Link